どれがおすすめ?「火災保険」と「家財保険」と「地震保険」の違いとお得な入り方


万が一の為に備えておくべき保険が多くありますが、その中でも代表的なのが「火災保険」と「家財保険」と「地震保険」です。

 

有名な保険でもあり、定番でもあります。

 

そんな「火災保険」と「家財保険」と「地震保険」ですが、それぞれ特徴や違いについてしっかりと理解をすることができていますか。

 

万が一の為にも一つ一つ違いについて理解をしておきましょう。

 

「火災保険」と「家財保険」と「地震保険」の違いとは?

代表的な保険とも言われる「火災保険」と「家財保険」と「地震保険」ですが、それぞれ何が違うのでしょうか。

 

「火災保険」とは火事で家が燃えてしまったときなどに補償を受けることができる保険です。

 

保険によっては落雷や風災による損害、洪水などの水害、排水管の詰まりなどによる水漏、空き巣による盗難などが補償ものもあるのです。

 

「家財保険」とは火災保険契約において、特に家財を対象とする保険のことで、火災保険と違う点は補償対象範囲です。

 

家財保険の補償範囲は狭く、簡易評価と精算評価の2種類がありますが、少額設定でも家財保険に加入しておくメリットは大きいです。

 

「地震保険」とは地震や噴火、津波などによって住宅が被害を受けた時に補償を受けられる保険のことで、「建物のみ」「家財のみ」「建物と家財両方」を対象にすることができます。

4段階の区分に分けられた損害区分によって決まるので注意が必要です。

 

どれに入っておけば良いの?

一つ一つ「火災保険」と「家財保険」と「地震保険」の違いに説明をしましたが、実際にその中でどれが一番重要になってくるのでしょうか。

 

実際に見積もりを比較して自分の予算に見合った保険を選ぶことが重要になってきます。

 

それぞれメリットとデメリットがありますが、いずれにしても一戸建ての場合、建物と家財両方を対象にして加入すると良いとされており、場合には建物より家財重視で加入したりと、状況によって保険金額の調整が必要になってきます。

 

また、マンションの場合、建物と家財両方を対象にすると安心ではありますが、家財優先で加入した方が安心できます。

 

ネットで見積りができます!

実際に保険関係に関しては保険の営業の人を呼んで自宅で話を聞かなければいけないといったイメージを強くもたれている人も多いのですが、実際には営業の人を家に呼ばなくてもネットで簡単に見積もりを出してもらえるようになっています。

 

また、どれが一番おすすめな保険なのか、加入しておくべき保険はどれかなど、ネットを使うことで簡単に調べることができるのでとても便利となっています。

 

そして、ネットから実際に保険の加入まで全て簡単に行えるので面倒な手続きも一切必要ないのです。

 

まとめ

万が一の為にも備えておきたい保険ですが、それぞれ違いや特徴があります。

 

実際に保険に加入をする際はいきなり決めてしまうのではなく、ネットで見積もりをしてから決めていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました