あなたの呼び方は古いかも「ズボン」と「パンツ」と「ボトムス」と「スラックス」の違い


ファッションの名称や流行は時代や年代によってさまざまになってきていますが、その中でも多くの人が戸惑っているのが「ズボン」と「パンツ」と「ボトムス」と「スラックス」の違いです。

 

同じ名前でも全く違っていたり、意味合いが異なることがあります。

 

そこで、「ズボン」と「パンツ」と「ボトムス」と「スラックス」の違いについて詳しく説明をします。

 

「ズボン」と「パンツ」と「ボトムス」と「スラックス」の違いとは?

それぞれ似たようなものだと思ってしまっている人も多いのですが、実際にそれぞれ違いは何でしょうか。

 

そこで、一つ一つ説明をしていきます。

 

「ズボン」とは二股に分かれていて、足を片方ずつ包む衣服のことで、フランス語のjupon(ジュポン)が由来となっています。

 

「パンツ」とはパンツ(pants)というのは英語であり、日本においては下着の意味ではありますが、イギリスではタイトなズボンのことをパンツと呼ぶのです。

 

カーゴパンツ、ショートパンツといったように、形状の説明として用いられています。

 

それと同様に「ボトムス」と「スラックス」がありますが、「スラックス」は長ズボン状の衣服のことで、スラックス(slack)とは英語で「ゆるい」「ゆるんだ」という意味があります。

 

「スラックス」はアメリカ英語でゆとりのある長ズボンを意味しており、スラック(slack)には「ゆるい、たるんだ」という意味があります。

 

ファッションは自由です!

一つ一つ「ズボン」と「パンツ」と「ボトムス」と「スラックス」の違いについて説明をしましたが、実際にファッションにおいては「ズボン」と「パンツ」をあえて、シャツに変えてしまったり、コートに変えてしまうなどと、他の人とは違ったファッションをしている人も多いです。

 

また、「ボトムス」と「スラックス」をシャツにしているという人もいる程、ファッションによっては自由自在に操ることができるようになっており、ファッションは人によって大きく捉え方も異なってきているのです。

 

年々進化していくファッション業界ですが、「ズボン」と「パンツ」と「ボトムス」と「スラックス」の他にも新しいファッションとして登場するのではないかと期待をしている人も多いのです。

 

インターネットで購入ができます!

「ズボン」と「パンツ」と「ボトムス」と「スラックス」はそれぞれインターネットの通販サイトからでも購入をすることができるようになっています。

 

実際に、インターネットから購入をしているという人も多いのですが、注意をしなければいけないのが「本物」なのか「偽物」なのかということです。

 

ブランドにこだわっている人は本当にそのブランドモノが届くのかを疑うということも大切で、サイズに関しても自分に合っていないのに届いてしまったということもよくあることなので、注意深く観察をすることが大切です。

 

まとめ

ファッションの「ズボン」と「パンツ」と「ボトムス」と「スラックス」のそれぞれの違いについて説明をしました。

 

ファッションは人によって大きく異なりますが、それぞれの意味についてしっかりと理解をしておくことも大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました