太りやすさも違う!「果糖」と「ブドウ糖」と「ショ糖」の違い


肥満や高血圧、糖尿病について気にしている、気をつけなければいけないと思っている人の多くが「果糖」と「ブドウ糖」と「ショ糖」について気にかけているのですが、「果糖」と「ブドウ糖」と「ショ糖」はどれも食べ物に含まれています。

 

しかし、その違いについて分からずに困惑してしまっている人も多いのです。

 

そこで、「果糖」と「ブドウ糖」と「ショ糖」の違いについて説明をします。

 

「果糖」と「ブドウ糖」と「ショ糖」の違いとは?

同じ糖だから、名前こそ違うものの同じものなのではないかと思ってしまっている人も多いのですが、「果糖」と「ブドウ糖」と「ショ糖」の違いは一体何でしょうか。

 

そこで、一つ一つ説明をしていきます。

 

「果糖」とは果物や蜂蜜に含まれていて、もともと甘みが強いのが特徴となっているのですが、冷やすと甘みがさらに増す傾向にあるのです。

 

また、果物を冷やして食べる習慣があるのはそのためなのですが、3つの糖の中で、最も甘味が強く、最も水に溶けやすい糖分となっています。

 

「ブドウ糖」は動物の生命維持に欠かせないエネルギー源の一つともされていて、蜂蜜の30-40%はブドウ糖でできており、脳のエネルギー源はこのブドウ糖のみとされています。

 

「ショ糖」は砂糖の中心になる糖分であり味はクセがなく、口にしやすい甘さが特徴となっており、防腐剤の役割ももっているすぐれ物です。

 

摂り過ぎには注意が必要です!

「果糖」と「ブドウ糖」と「ショ糖」について一つ一つ違う点について説明をしましたが、いずれにしてもエネルギー源になるのは間違いないのですが、摂取しすぎてしまうと、高血圧の原因にもなると同時に、太ってしまいます。

 

また、虫歯の原因でもあるので摂り過ぎには十分注意をしなければいけないのです。

 

摂取しすぎによって、命を落としてしまうということも可能性として挙げられるので「果糖」と「ブドウ糖」と「ショ糖」についてしっかりと注意をしなければいけないのです。

 

自分に合った量で摂取しましょう!

「果糖」と「ブドウ糖」と「ショ糖」は摂り過ぎには注意をしなければいけないのですが、ココで補足として、「果糖」と「ブドウ糖」と「ショ糖」の摂取量については人によって異なります。

 

そのため、少量でも危険だという人もいれば、少し多めに摂取しても問題ない人もいます。

 

これは個体差によって分かれてくるため、自分はどのぐらいの量ならば摂取しても問題はないのかを理解しておく必要があります。

 

そのためにも、一度病院に行って検査をすることをおすすめします。

 

まとめ

 

一つ一つ「果糖」と「ブドウ糖」と「ショ糖」の違いについて説明をしました。

 

どれも大きな特徴があり、違いが分かりましたが、いずれにしても摂取のし過ぎは良くないので注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました