「係長」と「課長」と「部長」と「主任」と「次長」の役割の違いと上下関係


会社で働く上で肩書きというものが存在しているのですが、どの会社にも「係長」と「課長」と「部長」と「主任」と「次長」は存在していますが、それぞれ肩書きに求められる役割は一体何でしょうか。

 

そこで、それぞれの違いについて説明をします。

 

「係長」と「課長」と「部長」と「主任」と「次長」の違いとは?

社会人において会社の役職の偉い順やそれぞれの役割についてしっかりと知っておかなければいけないのですが、「係長」と「課長」と「部長」と「主任」と「次長」のそれぞれの違いとは一体何でしょうか。

 

一つ一つ説明をしていきます。

 

「係長」は担当業務を自己完結させることに加えて、現場の監督業務も行う役割とされています。

 

「課長」は課という組織における管理業務を行う役割があります。

 

「部長」は部という組織における管理業務を行うのが役割とされています。

 

「主任」とは担当業務に関して、細かい指示や指導を受けることなく、自己完結させるのが役割があります。

 

「次長」は必要に応じて、部長と課長の間に立ち、部長業務を補佐するのが役割があります。

 

分かりやすくまとめてみましたが、それぞれとても重要な役割があり、組織内で共通の目的を達成するために、それぞれが役割をもって仕事をしているのです。

 

偉い順番は?

「係長」と「課長」と「部長」と「主任」と「次長」のそれぞれの役割と違いについて説明をしましたが、これを偉い順番で言うと、どのような順番になるのでしょうか。

 

そこで、偉い役職から説明をします。

 

順番としては部長⇒次長⇒課長⇒係長⇒主任という順番になります。

 

一般的にこのような順番になっており、ビジネスマナーでは挨拶、名刺交換の際は役職の高いもの同士から順番に行うのがルールとされています。

 

原則は「目下の役職から目上の役職に対して名刺を差し出す」のですが、複数名いる場合はその中で最も目上の人から名刺交換を始めていくのがマナーです。

 

どのようにして役職が決まっていくの?

ここで、多くの人が疑問に思っている役職はどのようにして決まっていくのかということですが、これに関しては会社によって大きく変わっているのです。

 

人物像を明確にし、次世代リーダーの視点を持ちながら選ぶという会社もあれば、年齢順で適当に選んでしまっているという会社もあるのです。

 

これに関しては会社によって大きく異なりますが、いずれにしても客観的な目線で選抜しており、ただ適当に役職を決めているというわけではないのです。

 

適当に決めてしまうと、会社が大きく左右されてしまったり、会社が潰れてしまう恐れがあるので役職を決める際はしっかりと議論が必要になってくるのです。

 

まとめ

ビジネスにおいてとても重要な役割ですが、「係長」と「課長」と「部長」と「主任」と「次長」の違いや偉い順についてしっかりと理解をしておくことが大切です。

 

そのため、まずそれぞれの役割は誰が担っているのかを理解しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました