どちらも必要?靴のブラシの「馬」と「豚」の特徴の違いと使い分け


靴磨きに欠かせない道具の一つでもあるのが「ブラシ」です。

 

このブラシですが、「馬」の毛と「豚」毛が存在していて、どこが違うのか、それぞれどんな特徴があるのかが分からないという人も多いです。

 

そこで、靴のブラシの「馬」と「豚」の違いについて説明をします。

 

靴のブラシの「馬」と「豚」の違いとは?

靴を磨くのに「馬」と「豚」があって、適当に選んでしまっている、あまりこだわらないという人も多いのですが、それぞれの特徴や違いとは一体何でしょうか。

 

「馬」は毛の密度が比較的濃く、毛足が長いのが特徴的で、馬の毛はしなやかで弾力があり、靴の土やホコリを落とすのに最適となっています。

 

こちらはクリーナーなどで汚れを落とす前に使い、一日履いた靴をサッとブラッシングすると、革をキレイな状態に保つことができるのです。

 

「豚」は馬毛に比べるとコシが強いのが特徴的なブラシとなっていて、余分なクリームを落とすだけでなく、革にクリームを馴染ませるのに適しているのです。

 

こちらはクリームを塗った後に豚毛ブラシを使うのですが、少し強めにブラッシングしても問題はないのです。

 

どちらもそれぞれ大きな違いがあることがわかります。

 

靴のブラシの「馬」と「豚」の使い方は?

それぞれ特徴や違いについて分かりましたが、実際に靴のブラシの「馬」と「豚」の使い方はどのようにすれば良いのでしょか。

 

そこで、靴のブラシの「馬」と「豚」の使い方について説明をしますが、

 

靴のブラシの「馬」と「豚」のどちらか一報を選ばなければいけないと思ってしまっている人が多いのですが、実は、使う順番は用途ごとによって決まっているのです。

 

まず、馬毛ブラシで、土やホコリなどを落とし、この後に豚毛ブラシで、靴に塗ったクリームをなじませると、とてもきれいに仕上がります。

 

そのため、両方使うというのが正解となっています。

 

ちなみに、豚毛ブラシもクリームの成分が毛に馴染んでブラシが育つため、掃除をしたり洗ったり、という必要はないのでとても楽です。

 

インターネットで購入できます!

靴のブラシの「馬」と「豚」は靴専門店で購入をしなければいけないのかと疑問に思っている人が多いのですが、実は靴のブラシの「馬」と「豚」はインターネットで購入をすることができるようになっています。

 

また、靴のブラシの「馬」と「豚」と言っても、その中でも比較的に効果なブラシも存在しているため、より綺麗に仕上げたい、こだわりを持って行いたいと思っている人はぜひ効果なブラシを視野に入れてみても良いです。

 

まとめ

靴のブラシの「馬」と「豚」の違いについて説明をしましたが、実際に靴を磨く際はどちらか一方ではなく、両方しっかりと行うことでとても綺麗に仕上がります。

 

ぜひ、靴のブラシの「馬」と「豚」を使う際は特徴をしっかりと理解をして行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました