「関心」と「感心」と「歓心」の意味の違いと正しい使い方


どれも同じ読みで、意味は違うという「同音異義語」が日本語にはあるのですが、その中でも代表的なのが「関心」と「感心」と「歓心」です。

 

相手に対して興味を持ったり、感動をした時に使うことが一般的とされていますが、それぞれの意味や違いは一体何でしょうか。

 

そこで、一つ一つ説明をしていきます。

 

「関心」と「感心」と「歓心」の違いとは?

 

どれも似たような言葉となっていて、どれを使っても問題はないだろうと思ってしまっている人も多いのですが、それぞれの言葉の意味は一体何でしょうか。

 

「関心」とは興味があること。気がかりなこと。という意味があり、ある物事に興味を惹かれ、注意を向けることを指しています。

 

「感心」とは感動する。ある物事により心を深く動かされること。という意味があり、立派な行為や優れた技量に心を動かされ、深く感動することです。思わず褒めたくなるような時に使います。

 

「歓心」は喜ぶ気持ち。嬉しいと思う心。という意味があり、喜んで嬉しいと思う心であり、「歓心を買う」は、人に気に入られるように努めることで、「上司の歓心を買う」という言葉は有名です。

 

それぞれ意味が大きく違うことがわかります。

 

どういう場面で使えば良いの?

 

それぞれの意味や違いについて説明をしましたが、実際にどういう場面で「関心」と「感心」と「歓心」を使い分ければ良いのでしょうか。

 

「関心」は「政治に関心がある」「周囲の関心の的」といった様に、何かに興味がある際に使われることが多いです。

 

また、気になっていることでもこの「関心」という言葉を用いります。

 

「感心」は「そのやり方はあまり感心できない。」「人の悪口を言うことは感心しない。」といった様に、相手を否定的に使われることもありますが、一般的に感動をした時に使われることが多いです。

 

「歓心」は「歓心を買う」「歓心を得る」という言葉でよく使うことが多いのですが、喜ぶ気持ちや嬉しいと思ったときに使われることが多く、何かをされて嬉しいと思ったときに使います。

 

積極的に使っていきましょう!

 

それぞれの違いについて説明をしていきましたが、「関心」と「感心」と「歓心」を使われて嫌な気持ちになる、不快に感じてしまうという人は少なく、嬉しい気持ちになるという人の方が傾向として強いです。

 

そのため、誰かを褒めるときや、物事について興味を持ったら積極的に「関心」と「感心」と「歓心」を使ってきましょう。

 

まとめ

 

「関心」と「感心」と「歓心」は相手に対してプラスなイメージを植えつけるだけではなく、日常会話においてよく使う言葉となっています。

 

それぞれの違いについてしっかりと覚えておき、日常会話で使えるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました