【水性絵具】「顔彩」と「水彩」の「絵の具」の違いと使い分け方


絵具を水で溶いて使うという方法を用いる水性絵具はとても有名で、古い歴史を持ち、その種類もたくさんありますが、その中でも特に有名なのが顔彩も水性絵具です。

 

現代ではアクリル絵具が、やはり水で溶いて使う水性絵具となっているのですが、「顔彩」と「水彩」の違いは一体何でしょうか。

 

詳しく説明をします。

 

「顔彩」と「水彩」の違いとは?

どちらも絵を描くために用いられるのですが、「顔彩」と「水彩」ではそれぞれ何が違うのでしょうか。

 

「顔彩」とはチューブの絵具と同じような顔料に天然デンプンや膠を加えて練り混ぜたもので、日本画材料の中ではもっともポピュラーとされており、岩絵具の下塗りなどに使用されています。

 

最近では「顔彩」で絵手紙を書く人も増えているのですが、同じ水彩顔料であっても、メーカー、材質などによりわずかな違いがあるので上手く使い分けることが大切です。

 

「水彩」とは透明水彩絵の具と不透明水彩絵の具に大別することができるのですが、どちらも顔科と色をのばすために使われるアラビアガムで、その他に保湿材や防腐剤を含んでいます。

 

現在ではグリセリンが使われているのですが、学校で使用されている絵の具でこれらの中間的な位置づけのものが多く、携帯性に関しては良くはないですが、綺麗な絵を描くことができます。

 

それぞれの向きと不向きはあるの?

「顔彩」と「水彩」の違いについて説明をしましたが、実際に「顔彩」と「水彩」では向き、不向きはあるのでしょうか。

 

そこで、何に向いているのかについて詳しく説明をしますが、

 

「顔彩」は天然高級デンプン質と膠分を加え、練り混ぜたものですが、俳画、南画、日本画調繊細画などのほか、ハガキなどの挿し絵、岩絵具の下塗り、写生に向いています。

 

しかし、定着力の弱いところが欠点でもあるので注意が必要です。

 

「水彩」は画面の上で色を塗り重ねることで鮮やかな発色と美しい混色が作りだすことができるのが特徴で、”にじみ”や”塗りムラ”を生かした高度な表現ができます。

 

インターネットで購入が出来ます!

「顔彩」と「水彩」をどこで購入すればよいのかと疑問に思っている人はとても多く、色々なお店に行ったけれども結局購入をすることができなかったという人もいます。

 

しかし、「顔彩」と「水彩」はインターネットで簡単に購入をすることができるようになっており、値段においてもインターネットから購入をしたほうが比較的に安い値段となっています。

 

種類も圧倒的に多く、自分で選ぶことが出来るのも特徴です。

 

まとめ

それぞれ「顔彩」と「水彩」についてそれぞれの違いや特徴を生かすことができれば素晴らしい絵を描くことができます。

 

「顔彩」と「水彩」を上手に使い分け、素晴らしい絵を完成させましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました