「覚醒剤」と「コカイン」と「ヘロイン」と「アヘン」と「大麻」と「マリファナ」の効果や副作用の違い

近年、薬物事件が多く増えており、日本では「大麻取締法」は代表的な薬物を規制する薬物四法のひとつとされています。

 

「覚醒剤」と「コカイン」と「ヘロイン」と「アヘン」と「大麻」と「マリファナ」は絶対にしてはいけないのですが、それぞれの違いについて理解をしていますか。

 

そこで、一つ一つ説明をしていきます。

 

「覚醒剤」と「コカイン」と「ヘロイン」と「アヘン」と「大麻」と「マリファナ」の違いとは?

どれも薬物である事には変わりないのですが、違いについて分からないという人も多いのが事実です。

 

そこで、一つ一つ説明をしていきます。

 

「覚醒剤」とはLSD、エクスタシーと呼ばれるMDMAなどの合成麻薬で多幸感や幻覚作用を有しており、強い幻覚作用と薬効が切れた後の爽快感などがあります。

 

中でもMDMAは永続的な記憶障害や神経細胞の破壊や障害を残す恐れがあるので怖いものです。

 

「コカイン」とはコカの木の葉を精製抽出して作られるもので、南米が原産です。

 

粘膜の麻酔作用と覚せい剤的作用があり、クラクと呼ばれるタバコで喫煙クラクと呼ばれるタバコで喫煙があるのですが、短時間の多幸感が得られるのが特徴です。

 

「ヘロイン」はモルヒネから半合成的に作られたジアセチルモルヒネの事でバイエル社が製品化されているのですが、19世紀当時から頭痛や喉の痛みなどのための鎮痛剤、そしてまたもや幼児が乳歯の生えるときの痛みを止めて寝かしつけるためのシロップにも用いられていたりと、簡単に家庭で購入できていました。

 

「アヘン」は芥子の未熟な実から出る乳液を乾燥させたもので、生アヘンを粉末とし、モルヒネの含有量を9.5~10.5%に調整したものが日本薬局方のアヘン末ですが、中枢神経を麻痺させ、鎮静、鎮痙、鎮痛、鎮咳、止瀉および麻酔補助の目的で使用されています。

 

副作用としては悪心、嘔吐、頭痛、めまい、便秘、皮膚病、排尿障害といった様々なものがあり、廃人同様になってしまう恐れがあります。

 

「大麻」はアサ科の一年草。成長すると約110日間で3~4mになるのが特徴で、「マリファナ」とも言われています。

 

もともとは食用・繊維、燃料、薬として世界的に栽培されており、日本でも終戦まで栽培されていましたが、音楽が良く聴こえる・味覚が鋭くなる等といぅった効果があったり、リラックス・多幸感・食欲の増加等の効果があるのですが、過剰摂取や恐怖感や罪悪感等により、嫌悪反応が起こることがあり、一過性の抑うつ、被害妄想に陥る事があるのです。

 

どれも法律で禁止されています!

度々ニュースでも報道される薬物事件ですが、「覚醒剤」と「コカイン」と「ヘロイン」と「アヘン」と「大麻」と「マリファナ」はどれも法律で禁止されています。

 

そのため、日本ではなかなか手に入らないのですが、万が一使ってしまったり、使っているとすぐに逮捕されてしまうのが現状です。

 

昔は合法的に売られていたとしても、現在では全て違法なので、「覚醒剤」と「コカイン」と「ヘロイン」と「アヘン」と「大麻」と「マリファナ」は絶対に使わないようにしましょう。

 

また、合法ドラッグと言われるものもありますが、それらも副作用や依存性のリスクがあるので危険です。

 

もし見つけたらどうすれば良いの?

外を歩いていて、薬物を発見したらどうすれば良いのでしょうか。

 

その場合はそれを持っていて、警察に届けるという人も多いのですが、実はこれは大きなリスクがあります。

 

そのため、手に持ってしまうのではなく、身に覚えのない大麻や麻薬を見つけた際は、そのことを直ちに警察に通報し、そのことを直ちに警察に通報することが大切です。

 

身に覚えがないことが事実である限り,逮捕されることはまずないのです。

 

まとめ

とても危険なドラッグですが、その中でも代表的な「覚醒剤」と「コカイン」と「ヘロイン」と「アヘン」と「大麻」と「マリファナ」について説明をしました。

 

いずれにしても日本では禁止されているので、絶対に使用をしないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました