「礼儀」と「マナー」と「礼節」と「作法」の意味の違いと使い方


一般常識とも言われる「礼儀」と「マナー」と「礼節」と「作法」ですが、それぞれ似たような言葉の為、同じ意味があるのではないか、違いはないのではないかと思っている人が多いのですが、それぞれの違いについてしっかりと把握をしておくことはとても大切なことです。

 

ビジネスにおいても重要視されているため、一つ一つ違いについて説明をします。

 

「礼儀」と「マナー」と「礼節」と「作法」の違いとは?

どれも一緒だと思ってしまう人が多いのですが、それぞれの違いについて分かりやすく説明をします。

 

「礼儀」とは人間関係や社会生活の秩序を維持するために人が守るべき行動様式で、普段の人間関係や社会生活をおこなう上で、人として守るべき発言や行動の事です。

 

「マナー」とは相手を大切に思う気持ちを形式化したもので、「礼儀作法」です。

 

守らなくても罰則はないのですが、マナーは自発的に守るものです。

 

「礼節」とは表面的な礼儀だけでなく、心が伴っている秩序ある言動を表しており、相手を尊敬する気持ちを持ち、自分を謙遜しつつ、礼儀正しい行動をする事です。

 

「作法」とは立ち居振る舞いの仕方。行儀と作法という意味があります。

 

どれも似ているもの、違いについてハッキリとわかります。

 

できる人はモテる!?

社会の秩序や人間関係を構築し維持する価値基準および行動様式の意味で用いられる「礼儀」と「マナー」と「礼節」と「作法」ですが、疎かにしてしまっている人や、全く出来ていない人がとても多くいます。

 

しかし、「礼儀」と「マナー」と「礼節」と「作法」をしっかりと出来ている人はモテます。

 

生まれや育ちは関係なく、きちんとした言葉遣い、丁寧で敬意のあふれる挙動こそが、その人の性格や能力を作り上げるといっても過言ではなく、礼儀正しく接する事で、周囲も礼儀正しく接してくれるようになります。

 

また、仕事においては礼儀正しい人になる事で、仕事の効率も驚く程アップします。

 

人に合わせる事も忘れないで!

いくら「礼儀」と「マナー」と「礼節」と「作法」が重要なものだから言って、正しいことを相手に主張し、強制させることは必ずしも良いというわけではないので注意が必要です。

 

時には相手に合わせ、言動、行動を変えていくということが大切で、人によって正解を導き出していきましょう。

 

人に合わせるということはビジネスシーンだけではなく、日常生活においても重要なので、「礼儀」と「マナー」と「礼節」と「作法」を必ずしも守るのではなく、時には人に合わせてみてください。

 

まとめ

日常生活だけではなく、ビジネスシーンにおいてもとても重要な「礼儀」と「マナー」と「礼節」と「作法」ですが、それぞれの違いやそれによって起こるプラス面に関して説明をしました。

 

普段からしっかりと意識をすると同時に、正しい「礼儀」と「マナー」と「礼節」と「作法」を理解をしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました