一発で分かる!「霧」と「靄」と「霞」の意味の違いと使い方

冬の寒い日など、よく「霧」と「靄」と「霞」が発生していることが多いのですが、ニュース番組などを見ていると、「霧」と「靄」と「霞」といった様々な表現をしているのですが、それぞれどんな意味があるのでしょうか。

 

そこで、分かりやすく説明をします。

 

「霧」と「靄」と「霞」の違いとは?

 

漢字が似ていて、区別をすることができないという人も多く、それぞれの意味についてしっかりと把握している人はとても少ないのです。

 

そこで、一つ一つ説明をしていきます。

 

「霧」とは空気中の水蒸気が様々な理由で、空気中に水滴として発生した状態のことを言います。

 

「霧」と「靄」は同じ現象であり、発生原理も同じため、違いに関してはあまりないのですが、気象用語になっているのが「霧」となっています。

 

「霞」は空気中にちりや煙などが浮かび、空が白っぽくなったりうすぼんやりと見える現象を指す言葉で、気象用語でないのですが、意味合い的には水滴にチリや煙などが混ざったもの、白っぽく見えるが距離の定義はないということが分かります。

 

季語だけは特別に霞が使われている!?

 

天気予報では一切使われない「霞」ですが、この漢字は文学表現の上ではよく使われています。

 

古代中国では、朝日が照らされることを「朝霞」と表現していたり、日本でも和歌や俳句などの文学表現として、霞が度々登場することもあります。

 

そのため、俳句の世界では、春の季語として霞はよく使われているのです。

 

一方で、秋の季語については「霧」が使われており、ぼんやりとした視界に対して「霧」という表現を使っているのです。

 

視界で区別すると分かりやすい!?

 

それぞれ「霧」と「靄」と「霞」の違いの説明について説明をしましたが、イマイチピンと来なかったり、実際にどの表現をするのか迷った時は視界で区別をすると、わかり易いです。

 

視界がきかないときは「霧」、ある程度見えるときは「靄」、気象用語ではなく、状態を伝えるための表現は「霞」という区別をすることができるため、それだけ覚えてしまえば区別をすることはとても簡単です。

 

まとめ

 

気象用語や天気予報で度々使われる言葉ですが、「霧」と「靄」と「霞」の違いについて知っておくことで、それぞれどんな意味があるのか、どんな違いがあるのかを知ることができます。

 

正しい表現方法はどれなのか、区別の仕方は何かを知っておくと、より天気について詳しく知ることが出来るのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました