「適応障害」と「うつ病」の症状の違いと判別方法

辛い出来事や思いどおりにならないことによって、不安やイライラが強くなったり悲しみや憂うつになってしまうのはありますが、そんな時に「適応障害」と「うつ病」のどちらかに診断されるということが多いのですが、実際にそれぞれどう違うのかわからないという人が多いです。

 

そこで、社会人になった時に自己診断することができる為にも「適応障害」と「うつ病」の違いについて説明をします。

 

「適応障害」と「うつ病」の違いとは?

どちらも似ていて、違いについてハッキリと分からないという人が多いのですが、「適応障害」と「うつ病」の違いとは一体何でしょうか。

 

「適応障害」とは社会生活上のストレスに対する反応が、多くの方が感じられる以上に強く現われ、仕事上、学業上、家庭内の生活が著しく障害された状態のことです。

 

「うつ病」とはゆううつな気分を主な症状とする病的な精神状態で、その中心となる症状は、感情とその持続的状態である気分の抑うつ状態のことです。

 

それぞれ違うことがわかりますが、「適応障害」は薬はあまり効かないことが多いのですが、「うつ病」の場合は薬が良く効く傾向にあります。

 

「適応障害」と「うつ病」の対処法は?

社会人の人が多くなりやすいと言われている「適応障害」と「うつ病」ですが、実際にそれぞれ違う病気であり、対処法も大きく異なります。

 

そのため、それぞれ分けて考えなければいけないのです。

 

「適応障害」の治療はストレス状況を回避せず、主体的にストレスに適応できるよう医学的なサポートをする必要があります。

 

支持的精神療法によって、受容、共感的態度で話しを聞き、不安、緊張、恐怖によって、一時的に機能不全に至った心の働きを支えて落ち着けて適応障害を引き起こしているストレスを同定し、ストレスの内容が本人に対してどのような意味を持つかを理解していくことが重要になります。

 

「うつ病」の治療は休養、精神療法、薬物療法などがあり、薬を使って治療を行っていくことがほとんどになっています。

 

いずれにしても、まずは病院に行くことが大切です。

 

無理をしないで休みましょう!

「適応障害」と「うつ病」の危険信号が出ているのに、休まずに頑張り続けてしまうという人が多かったり、「仕事だから」と無理をしてしまう人が多いのですが、「適応障害」と「うつ病」の危険信号が出ているのに無理をし続けるのは絶対に良くないのです。

 

そのため、必ず休むことが大切です。

 

休むことは悪いことではなく、「何かやらなければ」とあせることもないのです。

 

休養をとることは、「適応障害」と「うつ病」から回復するために非常に重要です。

 

一人で抱え込まずに周りの人に相談をしたり、病院に行くということをおすすめします。

 

まとめ

多くの人が同じものだと思い込んでしまっている「適応障害」と「うつ病」ですが、実はそれぞれ違う病気です。

 

治し方も大きく異なるため、自身がどちらなのか不安になった場合は病院に行きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました