会社によって異なる!?「代表取締役」と「代表取締役社長」の違い

会社経営のトップの呼称に「代表取締役」と「代表取締役社長」の二つがあり、それぞれ「社長」が付いている場合と付いていない場合があり、間違えて記載してしまったのかと不安に感じてしまう人も多いのですが、それぞれ何が違うのでしょうか。

 

そこで、「代表取締役」と「代表取締役社長」の違いについて詳しく説明をします。

 

「代表取締役」と「代表取締役社長」の違いとは?

「代表取締役」と「代表取締役社長」の違いは社長と社長が付いていないことにありますが、付いていないと権限が変わってしまうのでしょうか。

 

そこで、「代表取締役」と「代表取締役社長」の違いについて説明をします。

 

「代表取締役」は実は法律で定められた名称であり、社長」の部分は好きなように決めることができる様になっています。

 

日本の会社の場合、その大部分が「代表取締役」は「社長」となっていますが、「代表取締役」は必ずしも「社長」ではないことがあり、会社によってはそれぞれ別であることもあります。

 

会社によっては権限が変わる!?

「代表取締役」と「代表取締役社長」の違いについて説明をしましたが、実際にどちらの方が権限が上なのか、偉いのかと疑問に持たれる人が多いのですが、実のところ代表取締役と代表取締役会長の立場的な違いはないのです。

 

「代表取締役」という肩書きは、会社上のトップという意味にはなりますが、「社長」と「会長」という立場には、法律上などの地位などは存在しておらず、「代表取締役社長」と「代表取締役会長」とある場合、会社によって、どちらの立場が上なのかは変わってくるのです。

 

そのため、会社によって権限が変わるということはありえます。

 

自分の会社の偉い人を把握しておきましょう!

社会人になり、その会社に勤めている場合は、まず最初に「代表取締役」と「代表取締役社長」を知っておかなければいけません。

 

誰が一番偉いのか、権限は誰にあるのかを知っておくことはとても重要なことで、万が一トラブルが起きてしまった場合、誰に報告をすればよいのかも知っておかなければいけないのです。

 

将来的に自身の役職が上がったり、昇給した場合に上司が変わった際に自身の「代表取締役」と「代表取締役社長」を知っておかないとどう対処をしたら良いのかが分からずに困ってしまうことになるからです。

 

まとめ

会社にとってとても重要な「代表取締役」と「代表取締役社長」について説明をしましたが、それぞれの違いについてしっかりと把握をしておき、自身の会社での偉い人は誰なのかを改めて確認をしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました