別の会社だった!?「ディズニー」と「ピクサー」の違いを徹底解説!

子どもだけでなく大人でも楽しめるようなクオリティの高い作品ばかり出している「ディズニー」と「ピクサー」ですが、どちらも映画の一員のように扱われる事が多いため、混合してしまっている人も多いのですが、それぞれどこが違うのでしょうか。

 

そこで、「ディズニー」と「ピクサー」の違いについて分かりやすく説明をします。

 

「ディズニー」と「ピクサー」の違いとは?

似たような絵のタッチになっていたり、グッズが一緒になって売られていることもあることから、何が違うのか分からなくて困惑してしまっている人も多いのですが、それぞれ違う会社となっています。

 

まったく別のアニメーション制作会社ですが、ピクサーの作品はすべてディズニーが配給しています。

 

そのため、同じだと誤解をされてしまっています。

 

「ディズニーアニメーションスタジオ」は白雪姫、シンデレラ、リトルマーメイド、美女と野獣、リロ&スティッチ、アラジン、塔の上のラプンツェル、チキンリトル、といった2D3Dも含め、ディズニーアニメーションとして、ディズニー映画を製作してきた

独立したアニメーション専門の会社になっています。

 

その一方で、「ピクサーアニメーションスタジオ」も独立したアニメーション制作会社であり、トイストーリーがピクサー社の初の長編映画作品でいわゆるピクサーのロゴが入った映画は、すべてこの会社で制作されているのです。

 

ディズニーがピクサーを買収していた!?

ニュースにもなっており、驚いたという人も多くいますが、06年、ディズニーがピクサーを買収しています。

 

買収額は74億ドルとも言われています。

 

ラセターが両社のクリエイティブ部門のトップを兼任すると、低迷していたディズニー・アニメーションがV字回復。ピクサー哲学の偉大さが証明された瞬間だとも言われており、現在ではより盛り上がりを見せ、これからの盛り上がりに期待をする声も多く挙がっています。

 

これからも期待ができます!!

「ディズニー」と「ピクサー」はどちらも素晴らしい映画を世に出しており、一度出せば必ずヒットするとも言われています。

 

そんな大人気であり有名な「ディズニー」と「ピクサー」が一つになったことによって、これからも大きな期待を持つことができます。

 

まとめ

ピクサーは、ディズニーの子会社として、ディズニーと協力してアニメ映画の制作をしている事が分かりましたが、どちらも素晴らしい作品を世に送り出しています。

 

これからも、楽しく面白い作品を作り出してくれることを、期待するとともに、ディズニーがピクサーを買収したことによって、これからどんな作品が出てくるのか、どのような事業方針になってくるのかを期待することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました