「みかん」と「オレンジ」の種類や発祥地の違いと正式名称


日本で有名な果物であり、コタツに入りながら食べる物と言えば多くの人が「みかん」を連想します。

 

そんなとても美味しいみかんですが、「オレンジ」とも呼ばれることが多いです。

 

この「オレンジ」ですが、「みかん」とどこが違うのでしょうか。

 

そこで、「みかん」と「オレンジ」の違いについて説明をします。

 

「みかん」と「オレンジ」の違いは皮にあった!?

どちらも美味しく、コタツに入る際の必需品とも言われていますが、「みかん」と「オレンジ」の違いとは一体何でしょうか。

 

「みかん」はインドから中国に伝わり、日本に入ってきた食べ物で、オレンジに比べて皮が薄めで実が小さめという特徴があるのです。

 

日本人の多くが普段食べているみかんは温州みかんという種類のみかんで外側の皮だけでなく、その内側にある薄皮も柔らかいので、むくことなくそのまま食べることができるすぐれものです。

 

「オレンジ」はインドからヨーロッパ方面に伝わり、日本に入ってきた果物で、みかんと比べて皮が厚く、実が大きいなどの特徴があるのです。

 

レンジには3種類あり、それは普通オレンジとネーブルオレンジとブラッドオレンジがありますが、日本で主流なのは普通オレンジの一種であるバレンシアオレンジとなっています。

 

結局、どちらの方が美味しいの?

「みかん」と「オレンジ」の違いについて説明をしましたが、実際にどちらの方が美味しいのでしょうか。

 

そこで、調査をしてみたところ、多くの人が「みかん」を好む傾向にある事がわかりました。

 

実際に、日本での定番とも言われており、「みかん」と「オレンジ」を比較しても、皮がむきやすく、食べやすい「みかん」はとても人気が高くなっています。

 

また、小さいサイズも食べやすい為、好まれているのです。

 

比較して初めて分かります!

どちらも美味しい「みかん」と「オレンジ」ですが、実際に「みかん」しか食べていないという人は「オレンジ」の良さを知ることができません。

 

そのため、「みかん」と「オレンジ」を食べてみて、しっかりと比較をすることが重要になってきます。

 

人によって好みが分かれるため、どちらの方が美味しいのかを知ることで、より「みかん」と「オレンジ」を食べやすくなります。

 

まとめ

日本でも馴染みの深い食べ物である「みかん」ですが、「オレンジ」も十分に美味しく、食べやすくなっています。

 

それぞれ食べて、しっかりと比較をして、自分に合った方を選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました