食べ放題!「バイキング」と「ビュッフェ」の意味の違い


ホテルやレストランなどで「バイキング」と「ビュッフェ」があり、それを目当てに予約をするという人も多いのですが、「バイキング」と「ビュッフェ」はシステムが同じ為、一体どこが違うのかと疑問に思っている人が多くいます。

 

そこで、「バイキング」と「ビュッフェ」は一体何が違うのかについて詳しく説明をします。

 

「バイキング」と「ビュッフェ」の違いとは?

ビュッフェやバイキングは、コース料理などと違って、好きな料理を選びたい放題となっているため、自分の好きな物を好きなだけ選ぶことができるため、大好きな人が多いのですが、そもそも「バイキング」と「ビュッフェ」とは一体何が違うのでしょうか。

 

そこで、それぞれの意味について説明をします。

 

「バイキング」とは日本でよくありますが、和製英語となっており、日本でしか通じない言葉なのです。

 

定額の料金を支払って好きなものを好きなだけ食べる方法は「ビュッフェ」とは同じですが、1958年に帝国ホテルのレストランが、好みの料理を自由に選んで食べるスカンジナビアの伝統料理「スモーガスボード」の様式を取り入れた際、「インペリアル・バイキング」と名付け、この食事スタイルが人気を博したことから、広まったのです。

 

「ビュッフェ」はフランス語の「buffet」からで、元々は、立食形式の食事、食卓を意味し、列車内や劇場などの簡易食堂を指しています。

 

「ビュッフェ」は食べ放題ではない!?

それぞれ「バイキング」と「ビュッフェ」の違いについて説明をしましたが、注意をしなければいけない点として、「ビュッフェ」は食べ放題ではないということです。

 

正式には「セルフ方式の食事」という意味があり、食べ放題ではないのです。

 

そのため、場所によっては食べる分だけお金を払うシステムにしている場所もあるのです。

 

「セルフで食べるものを取る」という意味に置き換えるとわかり易いです。

 

気を付けよう!「バイキング」と「ビュッフェ」のマナー

いくら「バイキング」と「ビュッフェ」といっても、一人で食べるわけではあにのです。

 

そのため、周囲へのマナーを欠いた食べ方は、迷惑なだけではなく、その人の品位も疑われてしまうので注意が必要です。

 

マナーを守ったうえで食事を楽しむことが大切なのですが、「バイキング」と「ビュッフェ」のマナーとして料理を占領しない、いっぺんに入れるのではなく、盛り付けでも料理を楽しむ、おかわりの料理は新しいきれいなお皿を使うといったマナーが大切です。

 

そして、当然ではありますが、食べられないほどの料理を取ってくるのではなく、自分で食べられる量を調節することも大切です。

 

まとめ

「バイキング」と「ビュッフェ」の違いについて説明をしましたが、それぞれの違いについてしっかりと知って、食事をより一層楽しみましょう。

 

また、食事をする際は必ずマナーを守って、周囲に気を配りながら楽しむことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました