全く別のもの!?「土偶」と「埴輪」の違い

人のような形の土の焼きものであり、どちらも古い次回の土製の焼き物となっていますが、「土偶」と「埴輪」のそれぞれの違いや特徴について知らないという人が多いです。

 

そこで、「土偶」と「埴輪」の違いについて説明をします。

 

「土偶」と「埴輪」の違いとは?

どちらも似ているようなもので、区別をすることが難しいという人が多いのですが、実際に「土偶」と「埴輪」の違いとは一体何でしょうか。

 

そこで、それぞれの違いについて詳しく説明をします。

 

「土偶」とは縄文時代に作られた、土製の焼き物です。

 

現在のところ、北は北海道から南は九州まで、約15,000点が出土し、最古の土偶は縄文時代草創期の三重県から出土したものとされています。

 

大きさは、数cmの小型のものから40cm以上のものまであり様々あります。

 

「埴輪」とは古墳にならべるために作られた土製の焼き物のことです。

 

円筒の形をした円筒埴輪と、人や物などの形につくった形象埴輪がありますが、円筒埴輪は、もともと壺を乗せる筒型の飾り台から発生したもので、形象埴輪は、住居や倉庫などの家形埴輪、大刀やよろいと様々の人物埴輪があります。

 

時代が大きく違う!?

どちらも古い時代に作られたものだけれど、同じ時期に作られたものだと思っている人が多くいますが、実際にそれぞれ時代が大きく異なります。

 

土偶は、今から約1万3千年前~約2千400年前の縄文時代に作られたのに対して、埴輪はその次の古墳時代、3世紀後半~6世紀ころに埴輪が作られあtのです。

 

また、発見される場所も異なり、土偶は、集落の跡から見つかることが多く、縄文の人々が住んだり、祭りや儀式をした、暮らしの場に存在していましたが、埴輪は、有力者の墓である古墳から見つかるのです。

 

生で見れる場所がある!?

昔に作られたものだから、「土偶」と「埴輪」は実際に見ることができないと思ってしまっている人がいます。

 

しかし、「土偶」と「埴輪」のどちらとも生で見ることが出来る場所があります。

 

それが、東京国立博物館です。

 

1階の日本の考古では日本列島における、独自性の高い古墳文化を象徴する代表的造形として埴輪を見ることが出来るだけではなく、女子埴輪の代表的な作品である盛装女子を見ることもできるのです。

 

その他にも栃木県埋蔵文化財センターでも両方見ることができます。

 

まとめ

どちらも古い時代に作られた「土偶」と「埴輪」ですが、それぞれの違いや特徴を知ることで、改めて時代の凄さや美しさを知ることができます。

 

ぜひ生で見て、より「土偶」と「埴輪」の良さを感じましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました