「クレヨン」と「クレパス」の違いと通な使い分け方とは?


子供が絵を書く時によく使うものとして「クレヨン」と「クレパス」がありますが、見た目も似ているため、そんなに違いは無いのではないかと疑問に思っている人も多いのですが、それぞれの違いや特徴とは一体何でしょうか。

 

そこで、それぞれの違いや特徴について詳しく説明をします。

 

「クレヨン」と「クレパス」の違いとは?

どちらも似ていて、見分けるのは難しいのですが、一体何が違うのでしょうか。

 

「クレヨン」とはパラフィンや蝋などを顔料と練り合わせた棒状の画材のことですが、本来は顔料を固形ワックスで練り固めたものです。

 

現在では日本製のクレヨンには顔料と固形ワックスだけでなく、その他に体質顔料と液体油も混ぜて、よりなめらかに描きやすいよう軟らかめにさせていることでも知られています。

 

「クレパス」とはサクラクレパスが販売しているクレヨンの一種であり、商品名でもあります。

 

一般名称は「オイルパステル」で、英語表記でも「Oil Pastel」となっています。

 

「クレヨン」と「クレパス」の特徴は?

どちらも絵を描く上で必要になってきますが、それぞれの特徴とは一体何でしょうか。

 

「クレヨン」はとても硬いので線描には向いていますが、広い範囲を塗ったり、色を混ぜ合わせたり、重ね塗りするのには向かないのです。

 

しかし、幼い子は絵を書く時に力を入れがちですが、クレヨンは硬くて折れにくいですし、手に汚れもつきにくいため、おすすめとなっているのです。

 

「クレパス」は柔らかくて伸びが良いため、広い範囲を塗るのに適しており、色は不透明で、油絵のような重厚なタッチの絵を描くこともできるのです。

 

実際に紙の上に盛り上げるように重ねたり、塗ったあとに引っ掻いて描画したり、さまざまな技法使うことができるため、子供から専門家まで幅広く使われています。

 

子供に合わせて使いましょう!

それぞれ「クレヨン」と「クレパス」の特徴や違いについて説明をしましたが、実際に使う際は子供の年齢やどんな絵を描きたいのかによって使い分けることが大切です。

 

また、実際にそれぞれ使ってみて、子供の好みで使い分けてみるというのが特に重要で、自分に合っているものを使うことで、より絵を描くのが大切になります。

 

ただし、学校指定がある場合はそれに従って選ぶことが大切です。

 

まとめ

子供から大人まで楽しむことが出来る「クレヨン」と「クレパス」ですが、それぞれの違いや特徴をしっかりと理解をして使っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました