全く別!「カルパス」と「サラミ」の栄養や味、作り方の違い


おやつとしてもお酒のおつまみとしても美味しい「カルパス」と「サラミ」ですが、どちらも一口サイズとなっていて、ピリッとした辛さと合挽肉の食感がたまらないのですが、この「カルパス」と「サラミ」の違いは一体何でしょうか。

 

疑問に思っている人も多いのですが、それぞれの違いについて詳しく説明をします。

 

「カルパス」と「サラミ」の違いとは?

どちらも味も食感も似ているため、同じものなのではないかと思ってしまっている人が多いのですが、「カルパス」と「サラミ」とは一体何でしょうか。

 

そこで、それぞれの違いについて詳しく説明をします。

 

「カルパス」はロシア語の「kolbasa(カルバサー)」を原義とするドライソーセージの一種で、豚肉と牛肉を混ぜた合挽肉を原料とする加工食品となっており、一般的におつまみとして愛されています。

 

「サラミ」とは、イタリア語の「sale」を語源とするドライソーセージの一種で、豚、牛、鶏の合挽肉を原料としていて、おつまみ以外にも様々な料理に利用されています。

 

これらの違いはロシアとイタリアという産地の違いや原料の違いがありますが、その他にも水分量と加工法が異なります。

 

サラミは加熱せずに乾燥熟成させ、なおかつ水分量が35%以下という基準をクリアしたドライソーセージに対して、カルパスは加熱した後に乾燥熟成させ、そのうえで水分量は55%以下の基準をクリアしたセミドライソーセージとなっているのです。

 

カロリーにおいてはサラミが勝利!?

おやつとしてもお酒のおつまみとしても美味しい「カルパス」と「サラミ」ですが、カロリーに関してはサラミが勝利です。

 

「カルパス」のカロリーは、1本3.4gあたり16kcalとなっているのに対して、

「サラミ」のカロリーは、60gで294kcalです。

 

どちらも1gが4.9kcalですが、どちらもカロリーは同じくらいのようですが、おやつカルパスの方が少しだけカロリーが低いということが分かります。

 

大量購入ならばインターネットで!

どちらも美味しい「カルパス」と「サラミ」ですが、一口だけではなく大きいサイズや業務用で購入をしたいと思っている人は多数存在します。

 

そこで、市販のお店に行っても一般的のサイズでしか売られておらず、大きいサイズや量が限られてしまっているものがある一方で、インターネットの通販サイトではサイズがとても大きいものだけではなく、量がとても多くある物があります。

 

「カルパス」と「サラミ」が大好きな人にとってはとても嬉しいもので、購入を検討している人にとってはぜひ買っておきたい商品となっています。

 

まとめ

とても人気が高く、おやつとしてもお酒のおつまみとしても食べられる「カルパス」と「サラミ」ですが、それぞれの違いについて多くあることがわかりました。

 

ぜひ、インターネットの通販サイトで購入をして、実際に食べて違いを確認してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました