原材料でわかる!「からし」と「マスタード」の違いを徹底解説!!


どちらもピリっとした辛みが特徴となっていて、料理によって使い分けをしているという人も多いのですが、そもそもこの「からし」と「マスタード」ですが、どんな違いがあるのか、それぞれの特徴は何なのかについて知らないという人が多いです。

 

そこで、料理をより美味しくするためにも「からし」と「マスタード」の違いについて説明をします。

 

「からし」と「マスタード」の違いとは?

どちらも似たような味となっていて、料理によっては使い分けることはわかるけれども、違いが分からないという人が多くて困惑してしまっている人も多いです。

 

そこで、「からし」と「マスタード」の違いについて説明をします。

 

「からし」とは「和からし」とも呼ばれており、アブラナ科「からし菜」の種子の種をすり潰した「粉からし」を水で溶いて練ったものをからしと呼び、さらに水で溶く際、40℃くらいのぬるま湯で溶くと、辛味成分がよく出る特徴があります。

 

「マスタード」は「洋からし」とも呼ばれており、からしと同じくアブラナ科「からし菜」の種子アブラ菜の種に酢や砂糖、ワインなどを加えて造られており、種をすり潰して練ったものや、すり潰さず粒状のまま作られるものなど、さまざまな種類があるのです。

 

どちらも似てはいるものの、原材料が異なり、「からし」の原料は「オリエンタルマスタード」の種ですが、「マスタード」は「イエローマスタード」や「ブラウンマスタード」などの粒から作られ、マスタードの種類によって原料が異なってきます。

 

料理によって使い分けよう!

似てはいるものの、原材料が異なる「からし」と「マスタード」ですが、料理によって使い分けていくことが大切です。

 

「からし」は和食との相性が良く、おでんや和え物、薬味として幅広く使われているのに対し、「マスタード」はソーセージやローストビーフなどによく合い、種類によっては使い方が変わってくるものの、肉料理によく合います。

 

いろんな種類を試してみよう!

それぞれ種類があり、場所によっては作り方が異なっていたり、辛さの度合いが異なることがあります。

 

そのため、いろんな種類を試して、自分にあったものを見つけることが大切です。

 

「からし」と「マスタード」を正しく利用をすることによって、より料理を美味しくさせることも出来るようになったり、匂いを抑えることも出来るようになります。

 

アレンジをしたりしてみて、料理の幅を広げていきましょう。

 

まとめ

それぞれ「からし」と「マスタード」の違いについて説明をしましたが、「からし」と「マスタード」を上手に生かすことによって、より料理を生かすことができると共に、料理の幅を広げる楽しさを見出すことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました