充電式乾電池「エネループ」と「エボルタ」の特徴の違いとお得な使い分け方


どちらも充電式乾電池として有名になっている「エネループ」と「エボルタ」ですが、値段も少々高くなっているため、どちらを買えばよいのか、どちらの方が性能は良いのかが分からずに悩ましいという人が多いです。

 

そこで、「エネループ」と「エボルタ」の違いについて説明をします。

 

「エネループ」と「エボルタ」の違いとは?

どちらも人気となっているだけあって、どちらを購入すれば良いのかが分からないという人が多いのですが、「エネループ」と「エボルタ」の違いとは一体何でしょうか。

 

「エネループ」は日本が生んだ世界一の性能を誇る新型ニッケル水素電池であり、2005年11月にSANYO から発売されました。

 

繰り返し何度も使える充電式電池で、1回あたりの充電の電気代は4本で約1円となっており、

 

「エボルタ」はとはパナソニック開発アルカリ乾電池、充電式電池です。

 

それぞれの特徴は?

どちらも人気がある乾電池ですが、それぞれの特徴は一体どこにあるのでしょうか。

 

「エネループ」の特徴は充電回数が多さです。

 

約2,100回充電可能でエボルタは約1,800回と、大きな差があります。

 

一日一回充電したとしても5年半位使用し続けることができ、5年間電池を買わずに済むとしたら数千円かかるとしても安い買い物になることが分かります。

 

その他にも自然放電や電圧低下を抑えられたり、低温環境下でも性能の低下が少ないように設計になっているため、フィールド系の写真を撮る人にとってはとても嬉しい特徴と言えます。

 

「エボルタ」の特徴は1回の仕様時間が長いという特徴です。

 

実際にパナソニックはどのくらい電池が持つことをアピールするためにEVOLTAチャレンジという企画も行っている通り、長く使い続けたいという場合は「エボルタ」がおすすめです。

 

使用用途で使い分けましょう!

どちらも特徴がありますが、実際にエネループとエボルタのどちらを購入すれば良いのかと悩んでいる人が多いのですが、使用用途によって使い分けることが大切です。

 

実際にエボルタがエネループよりも長時間の使用に向いていますが、容量の差は1900mAhと1950mAhです。

 

どちらも1500~1700円前後となっており、充電池単体でも価格差はほとんどなく、若干エネループの方が高い傾向にありますが、電池容量はどちらも高いモデルであればあるほど多く、持続時間などに影響していくため、長時間使い続ける場合はエボルタ、あまり消費電力がない物の場合はエネループがおすすめとなっています。

 

まとめ

どちらも人気が高く、使いやすい「エネループ」と「エボルタ」ですが、それぞれの特徴や違いについてしっかりと把握をし、用途によって使い分けることで、より快適に使うことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました