「ガトーショコラ」と「ブラウニー」の味や作り方の違いと見分け方


クリスマスやバレンタイデーになると、「ガトーショコラ」と「ブラウニー」を食べるという人が多く、どちらも美味しいのですが、それぞれ見た目は似ているためどのような違いがあるのかと疑問に思っている人が多くいます。

 

そこで、「ガトーショコラ」と「ブラウニー」の違いについて分かりやすく説明をします。

 

「ガトーショコラ」と「ブラウニー」の違いとは?

自分のご褒美用として購入をしているという人もいる「ガトーショコラ」と「ブラウニー」ですが、それぞれ似ているため、違いについて分からないという人が多くいます。

 

そこで、それぞれの違いについて説明をします。

 

「ガトーショコラ」はフランス語であり、ガトーが「焼く」ショコラは「チョコレート」という意味がとなっています。

 

そのため、ガトーショコラは「焼きチョコ」であるという事が言えます、

 

「ブラウニー」はアメリカの代表的なチョコレートケーキで、由来はブラウンから来ているのです。

どちらも似ていますが、卵の使い方、形、食感が違います。

 

ブラウニーのカロリーが高い!?

ダイエットをしている人からしたら「ガトーショコラ」と「ブラウニー」はまさに天敵です。

 

ですが、「ガトーショコラ」と「ブラウニー」はどちらの方がカロリーが高いのでしょうか。

 

そこで、カロリーについて調査をしてみたところ、どちらも100g換算で計算をしてみたところ、「ガトーショコラ」は350kcal、「ブラウニー」は410kcalとなっており、ガトーショコラより、ブラウニーのほうがカロリーが高いという事がわかります。

 

実際に、ブラウニーはガトーショコラと比べて、チョコレートを多く使用するのが一般的となっているからです。

 

作ってみましょう!

クリスマスやバレンタイデーになると、多くの人が「ガトーショコラ」と「ブラウニー」に挑戦をしていますが、「ガトーショコラ」と「ブラウニー」はどちらとも作る上での難易度についてはそれほど難しくはないのです。

 

しかし、それぞれしっかりと特徴を生かすことが大切であり、作り方についても把握をしておく必要があります。

 

「ガトーショコラ」は卵黄と白身をわけて、白身をメレンゲにして生地に混ぜるのに対し「ブラウニー」は全卵を生地に混ぜ込みます。

 

その他にも「ガトーショコラ」はレシピによって形がさまざまありますが、ブラウニーの場合は平たく焼き、一口大の四角に切り分けるのが一般的となっています。

 

そのため、ガトーショコラはフォークで食べるイメージがあるのに対し、ブラウニーは手づかみで食べるイメージとなっているのです。

 

まとめ

どちらも美味しい「ガトーショコラ」と「ブラウニー」ですが、それぞれの違いや特徴をしっかりと掴み、実際に作ってみた時に、違いについて知っておくと、比較的につくりやすくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました