ザバスの「ソイプロテイン」と「ウェイトダウン」の効果の違いと使い分け方


糖質制限ブームなどにともない、たんぱく質が効率よく摂取できるプロテインが近年注目されており、ダイエット効果にも期待をすることができると話題になっていますが、その中でもプロテインとして有名なのがザバスの「ソイプロテイン」と「ウェイトダウン」です。

 

一度は見たことがあるという人も多くいますが、それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

 

そこで、それぞれの違いについて詳しく説明をします。

 

ザバスの「ソイプロテイン」と「ウェイトダウン」の違いとは?

どちらもとても人気が高く、ダイエットだけではなく、美容にも効果があるということで男性だけではなく女性にも人気が出てきており、売り切れになっているお店も続出していまが、それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

 

「ソイプロテイン」はソイプロテイン100%使用、「7種のビタミンB群+ビタミンC」配合しており、植物性となっています。

 

また、「ソイプロテイン」は大豆たんぱくが、中性脂肪を下げる働きがあるため、ウエイトを増やさずに必要な筋肉をつけカラダを引き締めたい人向けとなっています。

 

「ウェイトダウン」はトレーニングでカラダを引き締めたいアスリートにおすすめの食物繊維と大豆たんぱくを配合したプロテインとなっており、減量を目指している向けになっています。

 

大豆プロテイン+ガルシニアエキス配合、「11種のビタミン+3種のミネラル」配合しているため、積極的に取り入れたいです。

 

プロテインを飲めば代謝に良い!?

筋トレをした後や普段プロテインを飲むことが良いとされていますが、なぜプロテインが推奨されているのでしょうか。

 

プロテインは運動する人が飲むものと思っている人が多くいますが、実は運動をしない人にも取り入れる価値は大いにあり、プロテインを利用すればたんぱく質が効率よく摂取することができるようになっており、摂取のタイミングを考えた補給ができる、脂質の過剰摂取にならないようなタンパク質強化メニューを継続させる、必須アミノ酸、BCAAなどアミノ酸レベルでの体内への作用を期待できます。

 

運動をしない人でもプロテインを積極的に取り入れておきたいです。

 

間違った方法は逆効果!?

プロテインは体にも良いのだから、飲めば飲むほど良いのではないかと大量摂取をしてしまう人も中にはいますが、間違った方法を行ってしまうと逆効果になってしまうので注意が必要です。

 

筋タンパク質の合成には限界があり、タンパク質を一度にたくさん摂っても、すべてが身につくわけではないのです。

 

その他にもエネルギー量がオーバーし、体重が増えてしまうという事も考えられ、タンパク質には糖質同様、1gあたり4kcalのエネルギーがありますが、剰摂取はカロリーオーバーにつながってしまい、人によってはお腹を下してしまう人もいるのです。

 

まとめ

とても人気が高く、市販でもインターネットの通販サイトでも売られているザバスの「ソイプロテイン」と「ウェイトダウン」ですが、運動をしている人でも運動をしていない人でも積極的に取り入れておくことが好ましいです。

 

ぜひ、正しい飲み方でプロテインを摂取し、日々の体調管理を維持していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました