初めての人はどっち?「クラシックギター」と「アコースティックギター」の難易度の違いと見分け方


これからギターを始めようと思っているけれど、「クラシックギター」と「アコースティックギター」があって、それぞれどのような違いがあるのか、初心者ならばどちらの方がおすすめなのか分からずに困惑してしまっている人が多くいます。

 

そこで、それぞれの違いについて詳しく説明をします。

 

「クラシックギター」と「アコースティックギター」の違いとは?

初心者にとってはそれぞれの違いについてあまりよく分からないという人が多いのですが、それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

 

「クラシックギター」とは標準で6本の弦をもち、指で爪弾くフィンガーピッキング、あるいはピックではじくピック奏法で演奏します。

 

弦の振動および音波は楽器本体および本体内の空洞の共鳴を経て奏者や聴客の耳へ届く特徴があります。

 

「アコースティックギター」はお主にポップスを演奏する際に使われる楽器で、楽譜に書かれたものだけを演奏すのではなく、基本的にコードに沿ってアドリブ的に演奏します。

 

初心者におすすめなのは「アコースティックギター」です!

初めてギターに触れるという人にとってまずはどちらから入れば良いのか悩んでしまいます。

 

そんな時はまず「アコースティックギター」から始めるのが良いとされています。

 

ギター1本ですべてを表現するクラシックギターはアコースティックギターに比べて高い技術が要求され、クラシックギター独特の演奏テクニックというものがあるのです。

 

そのため、使いこなすには難しいとされていますが、アコースティックギターは高難易度の技もないため、比較的にやりやすくなっています。

 

インターネットで購入できる!?

それぞれの違いについて説明をしましたが、実際にギターを購入するには楽器屋に行かなければいけないというイメージを持っている人も多いのですが、現代においてはインターネットの通販サイトで気軽にギターを購入をすることができるようになっています。

 

その中でも「クラシックギター」と「アコースティックギター」も購入をすることができるようになっており、実際にレビューなどの評価も書いてあることから、比較的に購入をしやすくなっています。

 

まとめ

どちらも人気があり、初心者の人でも安心して弾くことができる「クラシックギター」と「アコースティックギター」ですが、初めての人はまず「アコースティックギター」から入ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました