「適用」と「摘要」の意味の違いと正しい使い方


どちらも「てきよう」と読むことができるようになっていますが、ビジネスシーンではよく聞く言葉の為、間違えないように判断をすることが大切です。

 

そこで、それぞれの違いや使い分けについて詳しく説明をします。

 

「適用」と「摘要」の違いとは?

 

どちらも「てきよう」と読むことができる同音異義語なのですが、漢字が違うと相手に間違えて伝わってしまう為、注意が必要です。

 

そこで、それぞれの違いについて説明をします。

 

「適用」とはある事柄に対して法律・規則などを当てはめて処置を講ずることという意味があり、一般的にはこちらを使うイメージが強く、ビジネスにおいてもよく使われます。

 

「摘要」とは重要な点をかい摘まむこと、またはその抜き書きといった意味があります。

 

一般的にはあまり聴き馴染みがなく、「摘要」と漢字表記をしても相手に伝わらないことが多いです。

 

「適用」と「摘要」の正しい使い方は?

 

それぞれの違いや意味について説明をしましたが、実際にビジネスシーンなどではどのように使い分ければ良いのでしょうか。

 

「適用」は「規則を適用」「方式を適用」「厚生年金の適用」といった様に、律において「適用する」といった場合は「法律の規定を具体的な場合について、特定の人・特定の事項・特定の地域に関して実際にあてはめてその効力を実際に働かせること」を表している為、簡単に使うことができます。

 

「摘要」は会計や経理に携わっている人は「摘要」という言葉をよく使う傾向にあり、伝票や帳簿などに「摘要欄」という部分がありますが、仕訳伝票の場合、「摘要欄」には取引先の相手や取引内容などを書きます。

 

しかしながら、一般的には摘要を頻繁に使うシーンがないため、困惑してしまう人も多くいるのも事実です。

 

まとめ

 

それぞれ「適用」と「摘要」の違いについて説明をしましたが、意味は何か、それぞれの違いについてしっかりと理解をしておくことで、ビジネスシーンにおいても安心して使い分けることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました