「趣旨」と「主旨」の意味の違いと正しい使い方


どちらも「しゅし」と読むことができるようになっており、目的を説明するときなどによく疲れます。

 

それぞれ日常生活やビジネスシーンにおいても使われることが多いのですが、それぞれの意味や違いは一体何でしょうか。

 

そこで、詳しく説明をします。

 

「趣旨」と「主旨」の違いとは?

 

どちらも同じ読み方をしますが、それぞれの意味や違いは一体何でしょうか。

 

「趣旨」とは何かを行うにあたっての、もとにある考え、話や企画のねらい、活動の目的という意味があります。

 

目的、ねらいを伝えるためのものとなっているため、趣味趣向や、考えていること、理念などを伝えるときに主に使われます。

 

「主旨」とは考え、文章、計画などの中心となる事柄という意味があり、趣旨とは違い、理念や目的などを伴わないのです。

 

そのため、現敵的に使われることが多いです。

 

「趣旨」と「主旨」の正しい使い分けは方は?

 

それぞれの違いや意味について説明をしましたが、実際に「趣旨」と「主旨」を使う際に何を持って使い分ければ良いのでしょうか。

 

そこで、それぞれの使い分けについてわかりやすく説明をします。

 

「趣旨」は行動や企画のもとにある考え、ねらい。という意味があるため、公文書や新聞などの報道関係においては「趣旨」という漢字が使われます。

 

ほとんどの場面で「趣旨」と使われているため、一般的にはこちらのイメージが強いです。

 

それに対して「その話の主旨は何か」、「最初に主旨を説明して欲しい」といった様にその話や文章が

何かを説明するために存在していることが多い傾向にあります。

 

まとめ

 

それぞれ「趣旨」と「主旨」の意味や正しい使い分けについて説明をしました。

 

どちらも同じ読み方ではありますが、漢字が違えば相手に伝わらないということもあるため、しっかりと違いや使い方について気をつけて使いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました