味の濃さ薄さじゃない!?「アメリカン」と「ブレンド」の味の違い


コーヒーショップなどで何気なく飲んでいる人も多いコーヒーですが、「アメリカン」なのか「ブレンド」なのかきちんと把握をし、それぞれの違いについてしっかりと知っているという人はどれぐらいいるのでしょうか。

 

実は、「アメリカン」と「ブレンド」の違いが分からず飲んでいるという人も多いのですが、それぞれの違いとは一体何でしょうか。

 

そこで、それぞれの違いについて詳しく説明をします。

 

「アメリカン」と「ブレンド」の違いとは?

どちらも美味しいのですが、コーヒーにはとても多くの種類があり、その中でも代表的とされているのが「アメリカン」と「ブレンド」です。

 

それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

 

「アメリカン」とは本来は通称アメリカンローストという、浅炒り焙煎豆で淹れたコーヒーのことを指しています。

 

ローストが浅い分、色が薄めで苦味が少なめで酸味がやや強め、カフェインの量が多いという特徴があります。

 

「ブレンド」とは主に中炒り焙煎豆を使い、更に産地の異なる豆を、お店なりメーカーなりの独自の調合で混ぜ合わせた豆で淹れられたコーヒーと言います。

 

コーヒーの豆は産地によって、味の特徴が異なるため、一種類の豆だけを味わうスタイルもあったりとお店の力量によって美味しさが異なります。

 

ブレンドする理由は奥が深い!?

どちらかと言うと、お店の実力が分かるから「ブレンド」の方が好きだという人が多いのですが、そもそもなぜコーヒーをブレンドするのでしょうか。

 

その理由は沢山ありますが、代表的なのが味をよくするため、コストを下げるためがあります。

 

コーヒーには土壌や気候によって風味に違いがはっきりと出るのですが、そこで、個性的な風味を残しつつ、飲みやすさを出すために他の品種のコーヒー豆を混ぜます。

 

酸味の出やすいケニアなどの豆に、重さがあって香りの立つグアテマラやブラジルの豆をブレンドすることによってバランスを取るなどが一般的な方法となっていますが、近年では浅煎りの酸味の強い豆を複数種類混ぜることでフルーティさを際立たせたブレンドもあったりと実に様々です。

 

その他にも低価格な製品には、より病気に強いものの苦味が強く風味に乏しいとされる「ロブスタ種」が使用されることがありますが、低価格を目指すことも一般的に行われているブレンドとなっています。

 

自分に合った味を見つけましょう!

作る人によって味が変わってくるコーヒーですが、自分に合ったコーヒーを見つけるにはいろいろなお店に足を運ぶ必要があります。

 

コーヒー一つとっても奥が深い為、自分に合ったコーヒーを見つけるために、努力を惜しみなく使いましょう。

 

まとめ

それぞれ「アメリカン」と「ブレンド」について説明をしましたが、いずれも味の濃い薄いで決まるものではないのです。

 

そのため、それぞれの違いについてしっかりと把握し、自分に合ったコーホートを探す為にお店巡りをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました