ベッド「シングル」と「セミダブル」のサイズの違い


ベッドを購入する際に「シングル」と「セミダブル」のどちらにしたら良いのかと迷ってしまうという人はとても多く、寝る人数や部屋の大きさによって考えていくということも大切です。

 

そこで、「シングル」と「セミダブル」の違いについて説明をします。

 

「シングル」と「セミダブル」の違いとは?

自分に合ったベッドのサイズを見極めるために、シングルとセミダブルの違いについてしっかりと把握をしてお必要があるのですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

 

「シングル」は一人用として作られているベッドとなっており、サイズはメーカーやデザインにより異なるものの、幅はだいたい100cm程度までのものが一般的となっており、シングルの布団とほぼ同じサイズであることを考えれば、多くの人にはなじみのあるサイズとなっています。

 

「セミダブル」は一人用のベッドとしてかなりゆとりあるサイズで作られており、シングルで物足りない人でも快適に眠ることができます。

 

シングルベッドで寝返りを打ってベッドから落ちてしまう心配がある人は安心です。

 

選び方のコツは部屋の大きさと自分のサイズ!

ベッドを購入する際に真っ先に考えなければいけない点として、部屋の大きさと自分のサイズです。

 

成人男性が寝るにはシングルベッドは小さいとも言われているとおり、体格が大きい人にとってはシングルベッドは窮屈に感じてしまいます。

 

人間は寝返りを一晩で約20~30回をし、寝返り回数が少ない人は肩コリや腰痛持ちになりやすいとも言われています。

 

そのため、長時間同じ姿勢でいると体の同じ部分が圧迫され、血行が悪くなってしまうため、部屋のサイズが大きい、ある程度広いという場合はシングルベッドではなく、セミダブルの方が向いている傾向にあります。

 

通販サイトで買ってしまおう!

ベッドを購入する際に多くの人が悩んでしまう問題として「どうやって持って帰るのか」という事です。

 

お店で良いベッドを見つけたとしても持って帰ることができないのならばそれは意味のない買い物になってしまいます。

 

そのため、ベッドを購入するならば通販で購入をしたほうが良いのです。

 

ベッドは必要なサイズと色さえ知っていれば楽に購入をすることができる様になっているため、通販サイトで見て、購入をしてしまいましょう。

 

まとめ

とても悩んでしまうベッド選びですが、決め方さえ知っていれば購入をするのに悩んでしまうことは一切ないのです。

 

それぞれしっかりと比較をして、ベッドを購入しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました