厳格な基準アリ「ウインナー」と「ソーセージ」の分かりやすい違い


普段の食事で「ウインナー」と「ソーセージ」を食べるという人が多いのですが、どちらも見た目がとても良く似ているため、混同してしまっている人がとても多くいます。

 

「ウインナー」と「ソーセージ」は同じように思えますが、一体どこが違うのでしょうか。

 

そこで、それぞれの違いについて詳しく説明をします。

 

「ウインナー」と「ソーセージ」の違いとは?

どちらもとても美味しいのですが、見た目がよく似ているため、違いが分からないという人が多くいます。

 

そこで、それぞれの違いについて詳しく説明をします。

 

「ウインナー」とはソーセージの一種であり、正式名称は「ウィンナーソーセージ」です。

 

オーストリアのウィーンの地名からきており、肉を詰めるケーシングに「羊の腸」を使用したものをさしています。

 

また、牛の腸を使用したものは「ボロニアソーセージ」であり、豚の腸を使用したものは「フランクフルトソーセージ」です。

 

「ソーセージ」とは豚肉や鶏肉のひき肉を、牛や豚、または羊などの腸に詰めた保存食がソーセージと呼ばれています。

 

ちなみに、日本農林規格では「豚や牛、鶏などの肉に香辛料を混ぜたものをケーシングに詰めたもの」という定義があります。

 

日本ではソーセージが大人気!?

それぞれの違いについて説明をしましたが、実は日本の市場に出回っているソーセージのほとんどはウィンナーソーセージとなっています。

 

その理由は日本では一般的に、細めの羊の腸を使ったソーセージが好まれている事にあります。

 

そのため、ソーセージを見たことはあるけれど、ウィンナーは見たことがないという人も多いのです。

 

どちらもよく似ているため、日本ではソーセージとウィンナーを同義語で使う人が多いのもその理由です。

 

分類される基準がある!?

それぞれ「ウインナー」と「ソーセージ」には肉の種類や燻煙の有無等には関係なく、ある一定の基準があります。

 

羊腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm未満をウィンナーソーセージ。

 

豚腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm以上36mm未満をフランクフルトソーセージ。

 

牛腸を使用したもの、又は製品の太さが36mm以上をボロニアソーセージ。

 

と分類されているのです。

 

これは、日本の場合、JASで決められている為、迷ったら表記を見ることですぐに分かります。

 

まとめ

それぞれ「ウインナー」と「ソーセージ」の違いについて説明をしましたが、どちらも美味しく、食べることができ人気が高いです。

 

違いについてしっかりと把握し、より美味しく「ウインナー」と「ソーセージ」を食べましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました