それぞれ適した料理がある!「赤味噌」と「白味噌」の違い

日本を代表する調味料は何かと聞かれたら多くの人が「味噌」と答える人が多いですが、味噌と言っても種類は様々あり、その中でも特に有名なのが「赤味噌」と「白味噌」です。

 

どちらも美味しいのですが、「赤味噌」と「白味噌」の違いはどこにあるのでしょうか。

 

そこで「赤味噌」と「白味噌」の違いについて詳しく説明をします。

 

「赤味噌」と「白味噌」の違いとは?

味噌汁などにも欠かせない味噌ですが、味噌は本来大豆やコメ、麦の穀物に塩と麹を加えて発酵させて作られています。

 

そんな味噌ですが「赤味噌」と「白味噌」がありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

 

「赤味噌」とは東北地方では米を使用して作られ、一方、中京地域は豆を中心にして作られていたりと、場所によっては作り方が異なりますが、熟成期間が長いのでコクがあるのが特徴の味噌となっています。

 

アミノ酸の原料であるタンパク質が多く含まれているため、豆を原材料にしたものは赤味噌と呼ばれています。

 

「白味噌」とは短期熟成で作られることで色が白いのが特徴となっており、熟成期間が短いため、赤味噌に比べて塩分濃度が低く、麹の糖分により甘みがあります。

 

どちらも美味しいのですが、赤味噌と白味噌は作り方が違います。

 

「赤味噌」と「白味噌」に適した料理はどれ?

それぞれ違う味噌ですが、「赤味噌」と「白味噌」に適した料理はどれでしょうか。

 

そこで、それぞれに合った料理について紹介をしますが、

 

「赤味噌」は肉味噌、牛肉の味噌漬け、回鍋肉がおすすめの料理とされています。

 

味噌感が強くインパクトもある赤味噌なので、シンプルにひき肉とあえた肉味噌が簡単に作れる様になっていて、赤味噌だけで食べても十分に美味しいです。

 

「白味噌」は西京焼き、白味噌チャウダー、味噌クリーム煮がおすすめの料理とされています。

 

白味噌は甘みが強く優しい味となっているため、葉野菜やお魚にも相性が合います。

 

スーパーや通販で購入できます!

とても美味しく料理には欠かせない「赤味噌」と「白味噌」ですが、どこで購入をすることができるのかと疑問に思った経験があるかと思います。

 

しかし、「赤味噌」と「白味噌」はスーパーでも通販サイトでもそれぞれ気軽に購入をすることができるようになっています。

 

お店によっては値段が異なっていたり、産地が異なっている場合がありますが、どれも美味しく食べることができるようになっているため、安心できます。

 

まとめ

似ているようで大きく味も使い方も異なる「赤味噌」と「白味噌」ですが、それぞれの特徴をしっかりと理解をしておけば「赤味噌」と「白味噌」をより一層美味しく利用をすることができます。

 

ぜひこの機会に「赤味噌」と「白味噌」を使い分けてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました