「介護」と「看護」の活動内容や資格の難易度の違い


超高齢社会と言われている日本で、もっとも注目されているのは介護業界です。

 

その中でも特に「介護」と「看護」が注目されており、それぞれどちらを目指そうかと悩んでしまっている人が多くいます。

 

そこで、それぞれの違いや特徴について説明をします。

 

「介護」と「看護」の違いとは?

介護福祉士は要介護者などの日常生活をさまざまな形で支援していくことが主な業務の「福祉職」となっている、「介護」と「看護」ですが、それぞれの違いについてしっかりと把握をしておく必要があります。

 

「介護」とは介護は「日常生活を安全かつ快適に営むためのサポート」がメインで、介護福祉士やヘルパーなどの資格を持った福祉の専門の資格を持ったものが行います。

 

「看護」は「病気や怪我などの治療や療養のサポート」がメインで看護師や保健師などの医療の専門の資格を持ったものがサービスを提供します。

 

「介護」と「看護」の必要な資格がある!?

それぞれの違いについて説明をしましたが、これから「介護」と「看護」を目指す人によっては知っておかなければいけない事の一つとして、「介護」と「看護」にはそれぞれ必要案資格が異なります。

 

「介護」は介護福祉士の資格が必要になってきますが、介護福祉士の国家資格は社会福祉士および介護福祉士法によって定められた、「介護・福祉分野」の国家資格となっています。

 

資格の取得をするためには、大学や専門学校、特例高等学校などの介護福祉士養成施設で必要な単位を取得・卒業後、もしくは在職期間3年以上の実務経験を積んだ上で実務者研修、または介護職員基礎研修と喀痰吸引等研修を修了することが条件となっています。

 

「看護」は看護師の資格が必要になってきますが、看護師の国家資格は保険助産師看護師法によって定められた、「医療分野」の国家資格です。

 

資格の取得をするためには、文部科学大臣の指定した大学、学校に通い、必要な学科を修了、都道府県知事の指定した看護師養成所を卒業、または准看護師の免許を取得後3年以上業務に従事、または指定大学・指定学校・指定養成所に2年以上修業することが条件となっています。

 

それぞれ必要な資格が異なるため、しっかりとチェックをしておきましょう。

 

国家試験の合格率は高い!?

実は、「介護」と「看護」に必要な資格でもある国家資格の合格率ですが、非常に高いということがわかります。

 

とある医療福祉専門学校の介護福祉士科では、2017年度卒業生の国家試験の合格率は97.3%であり、希望者の就職率は9年連続で100%に達しているというデータがあるとおり、比較的に「介護」と「看護」の国家試験の合格率は高いということがわかります。

 

どちらもとても大切な仕事であり、必要とされている職の為、比較的に受かりやすいということがわかります。

 

まとめ

それぞれ「介護」と「看護」の違いについて説明をしましたが、これから目指す人によっては必要な国家資格と仕事について把握をしておき、どちらを目指すのかを決断しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました