「クライミング」と「ボルダリング」の定義の違いと取り組み方


2020年の東京オリンピックで公式種目に追加された事で注目されている「スポーツクライミング」ですが、その中で「クライミング」と「ボルダリング」があって、それぞれどのような違いがあるのか、どんな特徴があるのかがわからないという声が多数あがっています。

 

そこで、それぞれの違いについて説明をします。

 

「クライミング」と「ボルダリング」の違いとは?

近年注目されている二つですが、イメージをすることができるけれども、それぞれの違いについて良く分からないという人が多くいます。

 

実際にどこが違うのでしょうか。

 

「クライミング」とは二つの意味合いがあり、登る競技全般をさしてクライミングという場合と、ロッククライミングをさしていう場合です。

 

岩や壁を登る競技全般を指したクライミングは、スポーツの領域で語られることが多いのですが、スポーツ用語でいうクライミングには、「スピードクライミング」「ロープクライミング」「ボルダリング」の3種類があるのです。

 

これらは基本的には人口の壁とホールドを使って行われるのが特徴です。

 

「ボルダリング」とは3~4メートルの壁を素手で登り、ゴール地点のホールドを両手で保持するスポーツのことで、人口の壁に、色とりどりの人口石がつけられ、さまざまなレベル設定で課題が設定されているのです。

 

初心者は「ボルダリング」がおすすめ!?

それぞれの違いについて説明をしましたが、初心者にとってはどちらから始めれば良いのでしょうか。

 

そこで、それぞれの特徴について調査をしてみたところ、より自然を感じたいならロッククライミング、より気軽に通いたいなら屋内ジムでのボルダリングがおすすめとなっているため、初心者にとってはまず、屋内で、登り方の基礎を学び、ある程度登れるようになったらロッククライミングに挑戦するという順番がおすすめとなっています。

 

まずは基礎をしっかりと身につけて行くことから始めましょう。

 

施設が増えている!?

2020年の東京オリンピックで公式種目に追加された事で注目されている「クライミング」と「ボルダリング」ですが、それに基づき、ボルダリング施設が増えています。

 

初心者でも簡単に行うことができるようになっており、どこも雰囲気が明るく、入りやすくなっています。

 

場所によっては値段が異なりますが、運動をしたい人、オリンピックに向けて練習をしたい人にとってはボルダリング施設がおすすめです。

 

まとめ

それぞれ「クライミング」と「ボルダリング」の違いについて説明をしましたが、どちらも体を使うスポーツであり、誰でも行えるものです。

 

ぜひ、それぞれの違いをしっかりと把握し、実際に「クライミング」と「ボルダリング」をやってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました