自分に合った方はどっち?「居宅介護」と「訪問介護」の違いと選び方


介護保険適用のサービスには様々な種類があり、その中でも代表的なのが「居宅介護」と「訪問介護」です。

 

それぞれとても便利なサービスとなっていますが、「居宅介護」と「訪問介護」の違いとメリットとデメリットは何でしょうか。

 

そこで、それぞれについて詳しく説明をします。

 

「居宅介護」と「訪問介護」の違いとは?

介護保険適用のサービスとは、要介護・支援状態にある「65歳以上の高齢者」と「40歳から64歳までの特定疾患の患者」が、介護保険料と国・自治体からの財源によって、1割の自己負担で受けられる介護サービスとなっていますが、「居宅介護」と「訪問介護」では何が違うのでしょうか。

 

「居宅介護」とは要介護・要支援者が現在の居宅に住んだまま提供を受けられる介護サービスのことで、居宅サービスは種類が非常に多いため、さらに「訪問サービス」「通所サービス」「短期入所サービス」「その他サービス」に分類しています。

 

「訪問介護」とは介護保険の保険給付として支払われる居宅サービスで、住み慣れた自宅で利用できる基本的な介護サービスのことです。

 

訪問介護員が利用者の自宅に訪問し、食事、掃除、洗濯、買い物などの身体の介護や生活援助を行います。

 

いずれもサービスを利用する際は条件があるため、当てはまるかどうかを確認する必要があります。

 

「居宅介護」と「訪問介護」のメリットとデメリットは?

それぞれの違いについて説明をしましたが、実際に「居宅介護」と「訪問介護」のメリットとデメリットは何でしょうか。

 

「居宅介護」は通所、訪問、泊まりの全てのサービスを一つの事業所との契約で受けることができ、通所は「午前中だけ」「午後だけ」など短時間の利用も可能となっています。

 

また、全サービスを同一事業所で受けられるため、違うサービスであっても顔なじみのスタッフが行うこともあり利用者が安心できるのはとても嬉しいことです。

 

しかし、通所単体で見ると、デイサービスに特化した事業所の方がレクなどが充実していたり、それまで利用できた介護保険サービス「居宅介護支援」「訪問介護」「訪問入浴介護」「デイケア」「デイサービス」「ショートステイ」を併用できなくなってしまうデメリットがあります。

 

「訪問介護」は環境を変えずに、自宅でサービスを受けることができ、費用面で、家族や利用者の負担が比較的軽いといったメリットがあります。

 

しかし、訪問介護の場合、自宅にヘルパーが訪問してサービスを行うため、利用者によっては自宅に他人が入ることに対してストレスを感じることがあったり、ヘルパーと利用者の相性が合わないことがある場合があります。

 

お試しで様子を見てみましょう!

どちらもとても便利なサービスとなっていますが、実際に「居宅介護」と「訪問介護」の経験がない人からしたら不安が大きく、どちらの方が良いのかと不安に感じてしまうことがあります。

 

その場合は入居体験や無料でお試しをしてみることが大切です。

 

実際に試してみて自分はどちらが合っているのか、どちらの方が安心して過ごすことが出来るのかを実感することが大切です。

 

まとめ

それぞれ「居宅介護」と「訪問介護」の違いについて説明をしましたが、それぞれのメリットとデメリットがあるため、まずはお試しをしてみて、自分に合っている方を見つけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました