違いってなんぞ?

「援助」と「支援」の意味の違いと正しい使い方


介護業界で働いていると毎日のように聞く言葉である「援助」と「支援」ですが、どちらもよく似ているため、混同してしまっている人が多くいます。

 

その他にもよく聞く言葉でもあるため、それぞれの違いについてしっかりと覚えてきましょう。

 

「援助」と「支援」の違いとは?

 

福祉施設や保育の分野などの現場でよく使われる言葉でもありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

 

「援助」とはたすけること。助勢。という意味があります。

 

「支援」とはささえ助けること。援助すること。という意味があります。

 

それぞれとても良く似ているため、イマイチはっきりと違いが分からないとういう人がいますが、英語にしてみるとわかり易いです。

 

「援助」とはassistanceであり、「支援」はsupportです。

 

これから分かる通り、「支援」は漢字の通り「支えること」で、支援者はあくまで支えるだけですから、最終的にやるのは本人という事がわかります。

 

「援助」とは「代わりにやってあげること」という意味があり、障害や病気などの事情で本人ができないことを代わりにやってあげることが「援助」です。

 

「援助」と「支援」を履き間違えないようにしましょう!

 

それぞれ「援助」と「支援」について説明をしましたが、中にはそれぞれの区別ができず、相手のプライベートを邪魔してしまったり、行き過ぎた行動をしてしまう人がいます。

 

「援助」とは助けてあげて、援助をするという意味がありますが、「支援」はあくまでも支援者はあくまで支えるだけなので、全て助けてしまうのは良くないのです。

 

それぞれしっかりと区別をして、行き過ぎた行動をしないように注意が必要です。

 

まとめ

 

使い分けるのが意外と難しい「援助」と「支援」ですが、間違って行き過ぎた行動にならないように注意が必要です。

 

それぞれの意味をしっかりと理解をし、助けてあげられる所は助けてあげる様にしましょう。

モバイルバージョンを終了