「硬水」と「軟水」の味や栄養の違いと判別基準


普段飲んでいるお水は、その硬度によって「硬水」と「軟水」に分類されているのですが、市販のミネラルウォーターを色々飲んでみると、種類によって味が異なり驚いてしまったという人がいる程、実は「硬水」と「軟水」には大きな違いがあります。

 

そこで、それぞれの違いと特長について説明をします。

 

「硬水」と「軟水」の違いとは?

普段家庭で飲んでいる水は「硬水」と「軟水」のどちらなのかと聞かれた際にしっかりと答えることが出来るという人が意外にも少ないのですが、「硬水」と「軟水」の違いとは一体何でしょうか。

 

実は、「硬水」と「軟水」の違いは「硬度」にあります。

 

「硬度」とは水1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量で、WHOが定める基準では硬度120mg未満が軟水、120mg以上が硬水とされています。

 

そのため、「硬度」というのはカルシウムとマグネシウムの含有量なのでこれらの濃度が高い硬水は、口当たりが重く苦みを感じ、カルシウムやマグネシウムの濃度が低い軟水は、まろやかな口当たりとさっぱりとした風味が特徴となっています。

 

普段日本で飲んでいる水道水や国産のミネラルウォーターはほとんどが軟水となっています。

 

「硬水」と「軟水」のメリットとデメリットとは?

普段何気なく飲んでいる水でも、「硬水」と「軟水」によってはメリットとデメリットがあるため、注意をしなければいけないのです。

 

「硬水」のメリットは便秘解消効果が期待できる、洋風の煮込み料理に適している、動脈硬化の予防といったメリットが多くあります。

 

しかし、結石のリスクが高まる、お腹がゆるくなる、素材の風味を活かしたい料理に適さないといったデメリットがあります。

 

「軟水」のメリットは日本料理に適している、赤ちゃんや小さな子どもでも安心、肌や髪に優しい、泡立ちが良いといったメリットが多くあります。

 

しかし、ミネラル補給はできないといったデメリットがあります。

 

それぞれメリットとデメリットを知った上できちんと使い分けていくことが大切です。

 

海外の水に注意が必要!?

度々、海外の水は飲まないように注意が必要と注意喚起が出されますが、そもそもなぜ海外の水に注意が必要なのでしょうか。

 

実は、海外の水は硬度が高い傾向にあるのです。

 

東京の水道水の硬度は60㎎前後のため軟水で、まろやかな口当たりが良いとされているのですが、欧州の水道水の多くは硬水で、口当たりがしっかりしている点が特徴です。

 

そのため、マグネシウムの含有量が多い水を胃腸の弱い方が飲むと、お腹を下すことがあり、海外滞在中に硬水を飲み続けていると、旅行が楽しめないまま帰国という事も考えられるのです。

 

 

硬度が高すぎる水は日本人には合わないことが多いから、海外での飲み水はできるだけ軟水を選ぶことが大切で、

ミネラルウォーターを買う際には、成分表を確認して硬度が低めの水を購入しましょう。

 

まとめ

それぞれ「硬水」と「軟水」の違いについて説明をしましたが、硬度に関してはとても大切なことで、普段飲んでいる水と違う水を飲む際にはしっかりと硬度について注意深く観察してから飲みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました