「早い」と「速い」の意味の違いと正しい使い方


パソコンで漢字変換をすると「早い」と「速い」が出て、どちらが正しいのか、どの場面で使うのが良いのかと疑問に思ったことがあるという人が多くいます。

 

間違って使ってしまうことがないようにするためにもそれぞれの違いについてしっかりと把握をしておきましょう。

 

「早い」と「速い」の違いとは?

 

どちらも「はやい」と読み、異なる漢字をあてることで意味が異なる同音異義語となっていますが、それぞれどういった意味があるのでしょうか。

 

「早い」とはある一定の基準からあまり時間が経っていない。ある時間や時期より前。手っ取り早い。簡単である。という意味があります。

 

そのため、「早い」は時間の経過については「はやい」ときに使われているというのが分かります。

 

「速い」とは「物事のかかる時間が少ない」「すみやかなこと」という意味があり、動作や進行の進み具体などの速度が「はやい」ときに「速い」が使われるのです。

 

それぞれ同じ読み方ですが、漢字が違うと大きく意味が異なるということがわかりました。

 

「早い」と「速い」の正しい使い分けは?

 

漢字変換をした時に両方でますが、どういった場面で使い分ければ良いのでしょうか。

 

「早い」は、それに要する時間が短い、時点・時刻が比較的前であることを意味しているため、「早口」「早変わり」「早道」「手早い」「素早い」などの語は、一般的に早いと表記をします。

 

一方で、「物事の速度」について「はやい」と書き表すときに「速い」が使われますが、「足が速い」、「流れが速い」、「仕事が速い」という場合、速いという漢字を使います。

 

まとめ

 

それぞれ「早い」と「速い」の違いについて説明をしましたが、「早い」は時間経過に関わるときに使いますが、「速い」は物事の進行のスピードについて書き表すときに使います。

 

しっかりと区別をして間違えないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました