一着は必要!「礼服」と「喪服」の違いと見た目とは?


スーツを着用する機会には、「ビジネス」「冠婚葬祭」と大きく分けて2つの種類がありますが、何かあっても大丈夫な様に「礼服」と「喪服」の両方を持っているという人も多くいますが、それぞれの違いについて詳しく理解をすることができているという人は実は少ないのです。

 

大事な場面で正しく使い分けることができるように、それぞれの違いについて説明をします。

 

「礼服」と「喪服」の違いとは?

どちらも一着を持っているという人が多いのですが、それぞれの違いとは一体何でしょうか。

 

「礼服」とはお葬式、結婚式、入学式、式典など、冠婚葬祭全般で着用することができるフォーマルウェアのことで、冠婚葬祭の「葬」である弔事用・喪服と考えるのが一般的となっています。

 

しかし、ビジネスシーンでは使う事がないため、スーツの代用として着ることはないのです。

 

「喪服」とはお葬式・法事の場で着用する礼服のことで、冠婚葬祭のうち、「喪」のときに着る服と言われています。

 

色は黒、シンプルなデザイン、露出を抑えたデザインが特徴であり、使う場面は限定的とされています。

 

実は違いはない!?

それぞれの違いについて説明をしましたが、実は大きな違いはないのです。

 

実際に辞書を見てみると、礼服は冠婚葬祭など、儀式に着用する衣服と書いてあり、冠婚葬祭に着用するため、当然葬式にも着用します。

 

その一方で、喪服は喪中、または弔問の際に着る衣服。ふじごろも。もぎぬ。と書いてあり、喪中や弔問の際に着るもので、礼服の一つの形ということであり、葬儀の時に礼服を着ると喪服と呼ばれます。

 

そのため、結婚式など慶事には白やシルバーのネクタイ、葬式など弔事には黒のネクタイと使い分ける事で、同じジャケットとパンツを身につけていても「礼服」と呼んだり「喪服」と呼んでいるだけなのです。

 

一着は持っておきましょう!

それぞれの違いについて説明をしましたが、人生において「礼服」と「喪服」は一度は使う機会があります。

 

そのため、急に必要になってしまったときに急いで買いに行くのではなく、あらかじめ両方とも一着は持っておくと安心です。

 

そのためにも、早い段階でもっておき、綺麗に保管をしておきましょう。

 

まとめ

「礼服」と「喪服」は大きな違いは無いと説明をしましたが、見た目は似ていますが異なります。

 

それぞれの違いについてしっかりと理解をしておき、一着は持っておくように保管をしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました