「糸こんにゃく」と「しらたき」のコスパの違いと見分け方


すき焼きやおでん、肉じゃがなどに使われる細長いこんにゃくがありますが、これを「糸こんにゃく」と呼ぶ人もいますが、「しらたき」と呼ぶ人もいます。

 

それぞれ人によって呼び方が異なりますが、どういった違いがあるのでしょうか。

 

そこで、それぞれの違いについて説明をします。

 

「糸こんにゃく」と「しらたき」の違いとは?

見た目がとても良く似ているため、違いを見分けるのも難しい「糸こんにゃく」と「しらたき」ですが、それぞれどういった違いがあるのでしょうか。

 

実は、「糸こんにゃく」と「しらたき」は色の違いは一切なく、黒いものもあれば、白いものもあります。

 

しかし、「糸こんにゃく」は太さが4~8mmで、固まった物を、ところてんの様に押し出して作り、普通のこんにゃくを、細く切って作る物もあるのに対し、「しらたき」は太さが2~3mmでまだ固まってない物を、じょうろのようなものの丸い穴から、70℃のお湯に流し込み、流れている間に固まった物がしらたきとなるのです。

 

そのため、場所によっては製法などで違いを決めているところもあるのです。

 

現在の「糸こんにゃく」と「しらたき」は同じもの!?

先ほどの説明で、それぞれの違いについて説明をしましたが、実は現在の「糸こんにゃく」と「しらたき」は同じ物となっています。

 

どちらも、こんにゃく芋をつぶしたものかこんにゃく芋を乾燥させて粉状にしたものを水に溶かして凝固剤の水酸化カルシウムを加えた後、細い穴から押し出して作る様になっており、「糸こんにゃく」に比べてより細いものを「しらたき」と呼んでいることもありますが、とくに規格が定められているわけではないのです。

 

そのため、買い物をする際にわざわざ違いについて吟味する必要はないのです。

 

いろんな「こんにゃく」食べてみよう!

「こんにゃく」にも地域性があります。

 

東京以西で食べられるこんにゃくはほとんどが黒こんにゃくですが、東北地方では主に白こんにゃくが使われています。

 

また、場所によってはこんにゃくにこだわっている所が多くあるため、色々な「糸こんにゃく」と「しらたき」を食べてみましょう。

 

味に違いがあるものや、風味や食感も大きく違うため、色々な「糸こんにゃく」と「しらたき」を試すのも面白いです。

 

まとめ

それぞれ「糸こんにゃく」と「しらたき」の違いについて説明をしましたが、現在の「糸こんにゃく」と「しらたき」は違いがなく、どれも同じとされていることが多いです。

 

買い物をする際はそれぞれの違いについてあまりこだわらず購入をしても問題はないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました