どっちの方がお得?「リフォーム」と「リノベーション」の違い


住宅を購入した後に多くの人が一度は考える事の一つが「リフォーム」と「リノベーション」ですが、どちらも新しくするといった意味合いに捉える人がいますが、どういった違いがあるのかと疑問に思っている人も多くいます。

 

思わず混合していまいそうになりますが、どんな違いがあるのでしょうか。

 

「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?

家を新しくする、綺麗にするといった意味合いで捉えてしまいそうになりますが、それぞれの違いとは一体何でしょうか。

 

実は、リフォームとリノベーションに厳密な定義や線引きはなく、混合してしまっても問題はないのですが、

 

「リフォーム」は原状回復のための修繕・営繕、不具合箇所への部分的な対処

 

「リノベーション」は機能、価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した包括的な改修

 

といった様に区別している所も多くあるのです。

 

そのため、リフォームは「元に戻す」のですが、リノベーションは「つくり変える」と思えば、違いは一目瞭然です。

 

「リフォーム」と「リノベーション」のメリットとデメリットとは?

それぞれの違いについて説明をしましたが、「リフォーム」と「リノベーション」のメリットとデメリットはどこにあるのでしょうか。

 

「リフォーム」のメリットは工事費用を安く抑えらえる。工事期間が短い。完成後の住まいをイメージしやすい。という点にあります。

 

一方で、自由な間取り変更ができない。住宅の強度・劣化などの状態確認はおこなえない。といったデメリットもあるので注意が必要です。

 

「リノベーション」は自由に設計できる。資産性が高い。物件の選択肢が増える。といったメリットがあります。

 

一方で、物件の選択肢が増える。工事期間が長い。間取りの変更ができない物件もある。築26年以上の中古マンション購入は、住宅ローン減税が受けられない。といったデメリットがあるので注意が必要です。

 

それぞれメリットとデメリットがあるため、どちらが向いているのかを慎重に判断をすることが大切です。

 

まずは相談をしてみよう!

それぞれ「リフォーム」と「リノベーション」の違いやメリットとデメリットについて説明をしましたが、これから考えている人にとってはどちらにした方が良いのか、今住んでいる住宅も可能なのかと疑問に思っている人が多くいます。

 

そういう時は無料で開かれるリノベーション講座に参加したり、相談をする事が大切です。

 

実際に相談をしてみて、どちらの方が良いのか、よりお得な情報は何かといった知識を身につけましょう。

 

まとめ

住宅を持っている人は必ず知っておきたい「リフォーム」と「リノベーション」ですが、それぞれの利点や特長を把握しておけば、より思い描いていた住宅にすることができます。

 

ぜひ、積極的に知識を蓄えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました