全く違う生き物!?「マウス」と「ラット」の違いと見分け方


ラットとマウスはどちらも「ネズミ」を意味する言葉となっていますが、日本ではどちらもネズミとして扱われています。

 

しかし、「マウス」と「ラット」は国によっては区別しているところもあったりと、意味合いが大きく異なります。

 

そこで、それぞれの違いについて詳しく説明をします。

 

「マウス」と「ラット」の違いとは?

日本では、野ネズミも家ネズミも全て総称して「ネズミ」と呼びますが、英語では、ネズミという総称はなく、英訳する時は、「マウス」か「ラット」のどちらかとなりますが、それぞれの違いとは一体何でしょうか。

 

実は、アメリカなど英語圏の人にとってマウスは可愛らしい動物であり、ラットは汚い動物とはっきりイメージが分かれているのですが、英語のマウスは臆病者、ラットは裏切り者、卑怯者という意味があるのです。

 

そのため、「ラット」は汚らしいドブネズミのようなもので、より大きなネズミをイメージさせますが、「マウス」はかわいらしい小型のペットとして飼うようなネズミを指しているのです。

 

全く別!?「マウス」と「ラット」の特長

それぞれの違いについて説明をしましたが、「マウス」と「ラット」は体格も歯も大きく異なります。

 

「マウス」は体長5~10cm、体重16~28gと本当に手のひらに乗るくらいの小さいネズミとなっており、闘争本能があり、マウス同士で攻撃しあうことがあります。

 

「ラット」は体長18~28cm、体重200~700gとマウスの2倍以上の大きさがあり、ラットには闘争本能がほとんどなく、同じケージで攻撃しあうことはないのです。

 

また、どちらもズミ特有の一生伸び続ける歯を持っており、ネズミが硬いものをかじるのは、歯を削らないと歯が伸びて口をふさいでしまい食べ物を食べられなくなってしまう理由があるのです。

 

自分でやらないで!駆除は難しい!?

ネズミを見かけたら思わず自分で駆除をしようと考えている人が多いのですが、実はネズミ駆除は素人はやらない方が良いのです。

 

その理由は学習能力にあります。

 

ネズミは頭がよく学習能力が高いので、最初は駆除に成功しても、次はその駆除方法がきかないことがあります。

 

仮に一度ネズミを追い出すことに成功したとしても、ネズミはその駆除方法になれてしまい、一度学習してしまえば戻ってくるのです。

 

そのため、ネズミ駆除に関していろいろな市販グッズがありますが、一番確実なのはプロに頼むことなのです。

 

注意点として、ネズミ駆除の業者を選ぶ時には、保証期間がある業者を選ぶのがよく、万が一駆除できなかったネズミが残っていても、再度駆除をお願いをすることができるのです。

 

逆に、値段が安くてもアフターサービスの明記が無い業者は避けることが大切です。

 

まとめ

それぞれ「マウス」と「ラット」の違いについて説明をしましたが、どちらも全くといって良いほど違うため、同じにしてしまわない様に注意が必要です。

 

また、ネズミ駆除をする際は自分で行うのではなく、プロに依頼をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました