「ディスプレイ」と「モニター」の違いと出来ること出来ないこと


パソコンで作業している人にとって「ディスプレイ」と「モニター」はとても重要な物で、ないと作業を進めることはできません。

 

しかし、これからパソコンを買おうと思っている人にとって「ディスプレイ」と「モニター」どちらの方が良いのかと疑問に思う人が多いです。

 

そこで、それぞれの違いについて説明をします。

 

「ディスプレイ」と「モニター」の違いとは?

そもそも、当たり前のように使っている「ディスプレイ」と「モニター」ですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

 

「ディスプレイ」とは「映像」「画像」など「視覚的なものが出力されて映し出される機器」の事です。

 

スーパーや電気屋に行くと、「店頭ディスプレイ」と言われる飾り付けがありますが、こちらも「ディスプレイ」というものです。

 

「モニター」とは「監視する物」という意味があり、ブラウン管画面の表示装置が主流だったころは、「ディスプレイ」と呼称することが多く、液晶画面が主流位なってから、「モニター」と呼称される事が多くなったのです。

 

同じ扱いにしている所が多い!?

それぞれ「ディスプレイ」と「モニター」の違いについて説明をしましたが、現在では基本的には同じ意味で使っているところが多いのです。

 

PCから「HDMI端子」や「DVI端子」を通して、画面が出力される液晶の機器がありますが、「モニター」と呼ばれたり「ディスプレイ」と呼ばれたり、2つの呼び方があり、実はどちらの呼び方でも問題はないのです。

 

量販店に行った際に「ディスプレイ」と「モニター」のどちらでも相手に通じるため、違いについてあまりよく知らなくても何も問題はないのです。

 

用途に合わせて用意をしましょう!

それぞれ「ディスプレイ」と「モニター」の違いについて分かったけれども、これから購入をしようと検討している人にとっては「ディスプレイ」と「モニター」がありすぎて、何を購入すれば良いのか悩んでしまいます。

 

そこで、「ディスプレイ」と「モニター」の選び方を説明をしますが、これに関しては用途に合わせて購入を検討する必要があります。

 

あまりパソコンを使わない、限定的な物のみ使うという人は解像度など一切気にせず安い「ディスプレイ」と「モニター」を購入しても何も問題はないのです。

 

しかし、ゲームをしたい、本格的に作業をしたいと考えている人は推奨解像度 / 最大解像度を気にしたり、画素ピッチや    

輝度、コントラスト比にこだわりましょう。

 

現在では通販サイトからでも「ディスプレイ」と「モニター」を購入することができるようになっており、比較的に簡単に購入が出来ますが、自分に合った「ディスプレイ」と「モニター」を見つけることが大切です。

 

まとめ

それぞれ「ディスプレイ」と「モニター」の違いについて説明をしましたが、どちらもパソコンで何かを行う上でとても重要なものとなっています。

 

用途に合わせて使い分けていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました