券売機の便利な決算カード「スイカ」と「パスモ」の違い

電車やバスやショッピングなどで「スイカ」と「パスモ」を使っているという人はとても多く、交通ICカードはとても便利に使うことができるようになっています。

 

「スイカ」と「パスモ」はチャージをしておけば券売機に何度も並ぶ手間も省けるため、移動時間の短縮にもなるため、とても楽になります。

 

しかし、「スイカ」と「パスモ」の両方があり、それぞれの違いについて説明をすることができるという人はとても多いです。

 

そこで、「スイカ」と「パスモ」の違いについてわかりやすく説明をします。

 

「スイカ」と「パスモ」の違いとは?

どちらも交通ICカードとなっており、便利に使うことができる「スイカ」と「パスモ」ですが、それぞれの違いはどこにあるのでしょうか。

 

「スイカ」はJR東日本の電車やバスを利用する際に支払いができるICカードとなっており、モバイルSuicaのアプリが使える、Apple Payとしても使える、ネットde定期で定期券が申し込めるといった特徴があります。

 

何といってもモバイルSuicaやApple Payとして使える事で話題になっていますが、カードを持ち歩かずに「スイカ」を利用することができるのはとても嬉しいことです。

 

「パスモ」は繰り返し使えるエコなICカードとなっており、定期券から記名PASMOへの変更ができる、1枚に鉄道、バス定期券の情報をそれぞれのせる事ができる、オートチャージとクイックチャージに対応しているというのが特徴です。

 

現在、Apple Payなどには対応していないため、不便に感じる人もいますが、それでも快適に使うことができます。

 

「スイカ」と「パスモ」ではどちらが便利?

両方持っているという人もいるほど「スイカ」と「パスモ」は魅力的で見た目もかわいいものばかりなのですが、「スイカ」と「パスモ」ではどちらの方が便利なのでしょうか。

 

そこで、実際に利用をしている人を見てみると、やはり「スイカ」の方が便利で、特典も多いため、「スイカ」と「パスモ」では「スイカ」が便利です。

 

最大の理由としては「Apple Payとしても使える」点ではないでしょうか。

 

カードを持ち歩くのは嫌だという人は意外にも多く、スマホを持っているだけで支払いをすることができるのはとても魅力的で、動作もかっこいいことから、やはり「スイカ」の方が良いという人は多いです。

 

使い分けることでお得に利用しましょう!

先ほどの説明で「スイカ」の方が人気だから「スイカ」に移行を考えるという人も出てくるかと思いますが、実際に「スイカ」と「パスモ」を併用して使い分けるととても便利で賢く利用をすることができます。

 

通勤や通学でバスをよく利用するのであれば、定期券はPASMOで、スマホからでも電子マネーや交通ICカードとして使う場合はモバイルSuicaといった様に、用途によって「スイカ」と「パスモ」を使い分けることで、とても便利に使うことができます。

 

また、カードを2枚持ち歩くのが面倒だという人は「Suicaはモバイル、パスモのみ利用する」形にするととても楽です。

 

まとめ

それぞれ特徴がしっかりとあり、便利に使うことができる「スイカ」と「パスモ」ですが、どちらか一つを利用をするのではなく、「スイカ」と「パスモ」の2つをしっかりと使い分けることでとてもお得で便利に使うことができるのでぜひ試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました