似ているけれど違う!?「java」と「javascript」の違い

インターネットを利用する人が一度は耳にしたことがある「java」と「javascript」ですが、どちらも似たような言葉であり、省略されたものなのではないか、どちらも同じものなのではないかと疑問に思う人がとても多くいます。

 

「java」と「javascript」は本当に同じものなのでしょうか。

 

そこで、「java」と「javascript」の違いについて詳しく説明をします。

 

「java」と「javascript」の違いとは?

どちらも同じようなものだと思われがちですが、実は「java」と「javascript」は全くの別物です。

 

それぞれ全く違う目的で使用されているのですが

 

「Javaは」Sun Microsystems社が1996年に正式バージョンを発表したプログラミング言語で、現在の最新バージョンはJava 8となっています。

 

人気の高いプログラミング言語としての地位を確立しており、どんなコンピュータ上でも動くことができる特徴があります。

 

「javascript」はNetscape Communications社が開発したWebプログラミング言語で、あまりプログラミングの知識もなく、開発環境がそろっていなくても手軽に始めることができる点で人気が高くなっています。

 

そのため、それぞれ開発した会社が違う、目的が違う、文法が違う、利用される分野が違うといった違いがあるのです。

 

勉強をするならばどちらがおすすめ?

エンジニアとしてでも勉強をするならば「java」と「javascript」ではどちらの方を主に勉強をすれば良いのかと疑問に思いますよね。

 

実際にそれぞれ異なるのですが、「java」と「javascript」ではどちらを優先すべきなのでしょうか。

 

業務システムを作る仕事に携わりたいのなら、javaです。

 

小規模なアプリケーションから、銀行で使われるような大規模な業務システムを開発する際に最も多く使われるため、javaを勉強をしておけば問題はないです。

 

その一方でWebサービスを作りたいならjavascriptです。

 

Webサービスにおいて利用者が閲覧、操作する部分を担当するフロントエンジニアなどで最も重要となってくるのがjavascriptとなってきております。

 

セミナーや学校で学ぶことができます!

これから「java」と「javascript」を学びたいけれどもどこで学べば良いのか、どうやって勉強をすれば良いのかが分からないという人はプログラミングのセミナーや学校がおすすめです。

 

セミナーや学校では「java」と「javascript」を学ぶことが出来るだけではなく、しっかりと最初から最後まで教えてくれるため、プログラミングを学ぶことができます。

 

また、「java」と「javascript」の基礎だけではなく応用も踏まえて教えてくれるため、「java」と「javascript」に携わる仕事に就きたいと思っている人は積極的にセミナーや学校に通うべきです。

 

まとめ

どちらも似たようで実は多くの異なる点がある「java」と「javascript」ですが、それぞれ勉強をしておくとプログラミングに強くなります。

 

そのためにもセミナーや学校で「java」と「javascript」をしっかりと学びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました