意外と知らない!?「おにぎり」と「おむすび」の違いとは

 

 

日本のソウルフードとも言われており、一度は誰しもが食べたことがある食べ物と言われて多くの人が「おにぎり」と「おむすび」と答えるのではないでしょうか。

 

色々な具材を入れて楽しむのも良いですし、形がとても可愛いですよね。

 

そんな「おにぎり」と「おむすび」ですが、この違いについて説明をすることができますか。

 

意外と知らないという人も多い「おにぎり」と「おむすび」の違いですが、一体何が違うのでしょうか。

 

そこで、「おにぎり」と「おむすび」の違いについて説明をします。

 

実は多くの人が疑問に思ってる!?

 

 

当たり前の様に食べている「おにぎり」と「おむすび」ですが、誰しもが一度はこのそれぞれの違いについて疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。

 

実際に、「おにぎり」と「おむすび」の違いが分からなくてネットで調べたという人も多く、一時期何が違うのか、実は同じではないのかと討論で話題になったこともありました。

 

それほど、「おにぎり」と「おむすび」はとても人気が高く、日本の定番のソウルフードだということがわかります。

 

おにぎりの起源とは?

 

 

昔から愛されていると言われている「おにぎり」と「おむすび」ですが、昔といっても始まりはどこなのでしょうか。

 

そこで、「おにぎり」と「おむすび」の起源について調査をしてみたところ、なんと「おにぎり」と「おむすび」は弥生時代から多くの人に愛されていることがわかりました。

 

実際に、弥生時代の遺跡から人の手によって握られた跡のあるおにぎりのような米の塊が発見されました。

 

しかし、当時はしっかりとした形となってはいないため、それが本当に「おにぎり」なのか「おむすび」なのかを判別することが難しいのですが、現在の様なしっかりとした「おにぎり」と「おむすび」の様な形は江戸時代からのようです。

 

「おにぎり」と「おむすび」は地域によって違う!?

 

 

みなさんの地域では「おにぎり」と「おむすび」のどちらの言い方で食べているのでしょうか。

 

実際に、「おにぎり」と「おむすび」の違いは地域にあったのです。

 

地域によって呼び方が異なり、「おむすび」は東日本での言い方であり、西日本では「おにぎり」と呼ぶことが多いのです。

 

日本人のほとんどが「おにぎり」と呼びますが、実際に関東から東海道にかけては「おむすび」と呼ぶこともあるそうです。

 

ちなみに、どちらも同じ食べ物であり、具材もバラバラとなっているので安心して食べることができます。

 

 

まとめ

 

 

普段何気なく食べられている「おにぎり」と「おむすび」ですが、実際は弥生時代から食べられていると知って驚いたのではないでしょうか。

 

「おにぎり」も「おむすび」はどちらも美味しいのですが、これをキッカケに呼び方を変えてみるのも面白いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました