間違えないで!「退職願」と「退職届」の違いは何か?


転職を希望する際や、仕事を退職する際に「退職願」か「退職届」を出すのですが、この「退職願」と「退職届」の意味についてしっかりと理解をすることができていますか。

 

間違えてしまって受理をしてもらえないなんて経験があるという人もいるかと思いますが、「退職願」と「退職届」の意味についてしっかりと理解をしておきましょう。

 

「退職願」と「退職届」の違いとは?

 

 

仕事を辞めることを決意して「退職願」を出したのにも関わらず、受理をしてもらえなかったという経験があるという人もいますが、なぜ受理をしてもらえなかったのか理解できていますか。

 

そこで、「退職願」と「退職届」の違いについて説明をします。

 

「退職願」は会社に対して退職を願い出るための書類であり、退職届は、会社に退職の可否を問わず、自分の退職を通告するための書類です。

 

似ている様でも実は全く異なります。

 

民法の第627条には労働者は一方的な意思表示によって一定期間の後に会社を退職できることが認められているのですが、雇用の期間に定めのない正社員の場合、雇用は労働契約の解約の申し入れ日から2週間の経過によって契約が終了します。

 

この民法というのはとても重要なもので、円満退社を希望する場合はしっかりと学んでおく必要があるのです。

 

「退職願」と「退職届」の書き方とは?

 

「退職願」も「退職届」もどちらも同じ様な書き方ではないのかと思い込んでしまっている人もいるのですが、実際には「退職願」と「退職届」は全く書き方が異なります。

 

「退職願」と「退職届」は両方ともフォーマット、文面はほとんど共通してはいますが、退職の意思、退職の日時を告げる以外の情報は書かないのが一般的となっています。

 

また、どちらも手書きが好ましいです。

 

ちなみに、退職願は会社からの慰留などによって撤回することが可能となっていますが、退職届は一方的な通告です。そのため、一度受理されてしまうと自分の意思で撤回することはできなくなってしまうので慎重に考える必要があります。

 

次の転職先を考えておきましょう!

 

 

必ずしも次の転職先を考えておかなければいけないというわけではないのですが、「退職願」も「退職届」も出す前に次の転職先を決めておくことで精神的に楽になります。

 

多くの人が次の転職先を考えた後に「退職願」か「退職届」を出すのですが、次の事を考えずに提出してしまって、後で後悔をしてしまうということもあるので、後悔をしない様に、しっかりと考えておく必要があるのです。

 

まとめ

 


 

転職をするにも、仕事を辞めるにも「退職願」と「退職届」についてしっかりと理解をしておき、民法でどのように守られているのかを知っておく事で、よりスムーズに「退職願」、「退職届」を出しやすくなります。

 

ぜひ、改めてしっかりと考え直し、どうするのかを決断してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました