知らないと困る!?「強力粉」と「薄力粉」の違い


毎日の料理に欠かせないものと言えば調味料や小麦粉などですよね。

 

料理において「強力粉」と「薄力粉」はとても重要なもので、無いと料理ができないというものも多くあるのではないでしょうか。

 

しかし、小麦粉の種類の中には「強力粉」と「薄力粉」があり、どちらを選べば良いのか悩んでしまった経験がありませんか。

 

そこで、「強力粉」と「薄力粉」はどう違うのか、何向きなのかについて詳しく解説します。

 

「強力粉」と「薄力粉」の特徴は?

 

 

どちらも小麦粉の種類なのですが、「強力粉」と「薄力粉」のそれぞれの特徴は一体何でしょうか。

 

そこで、それぞれの特徴について説明します。

 

「強力粉」はパンコムギと呼ばれる硬質小麦を原料に作られています。

 

実は、タンパク質の割合が11.5%以上の小麦粉を強力粉と呼びますが、強力粉にはグルテンが多く含まれています。

 

強力粉の特徴として、粘性と弾力性の豊かさが特徴となっています。

 

「薄力粉」は軟質小麦を原料とする小麦粉です。薄力粉の特徴として、きめが細かく、しっとりとしていることが特徴となっています。

 

薄力粉の用途として、サクっとした軽い食感やふんわりとした柔らかいものに適しています。

 

料理によっては「強力粉」と「薄力粉」を使い分ける!?

 

 

同じ小麦粉なのだから、料理に使う際はどちらでも良いのではないかと思い込んでしまっていませんか。

 

「強力粉」と「薄力粉」はどちらも性質も特徴も大きく異なります。

 

その為、区別せずに適当に使ってしまうと失敗をしてしまう恐れがあるため、しっかりと「強力粉」と「薄力粉」を使い分ける必要があります。

 

「強力粉」に向いているのは、パンのほかにもパスタやピザ生地、餃子の皮などに向いています。

 

しっかりとした弾力を楽しむことができ、生地が壊れてしまうという恐れもないため、安心して使うことができます。

 

「薄力粉」はクッキーやケーキに向いています。

 

その他にもてんぷらや唐揚げのほか、生パスタ、ムニエルも向いています。

 

まだまだある!?小麦粉は種類が豊富!

 

 

小麦粉の種類の中に「強力粉」と「薄力粉」だけしか存在しないと思い込んでしまっていませんか。

 

実は、小麦粉の種類にはまだまだ多く存在しております。

 

その中でも特に有名なのが「中力粉」です。

 

「中力粉」はいろんな料理に合い、比較的に料理を簡単に作ることができるようになっています。

 

もちろん、小麦粉の種類によっては粘着性と弾性を持つグルテンの量やタイプが異なるが多くあったり、お店によっては大きく異なることもあります。

 

そのため、料理に使う際はどういった用途で使うのか、いつ使うのかをしっかりと見極めることが大切です。

 

まとめ

 

 

当たり前の様に毎日食事をしていてもなかなか「強力粉」と「薄力粉」の違いについて気づくことができなかったのではないでしょうか。

 

「強力粉」と「薄力粉」によっては大きく料理を失敗してしまうこともあったり、間違いによってより美味しい食べ物へと変化したという例もあります。

 

小麦粉を使う料理の際はしっかりと確認を取ってからにしたほうが良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました