厳しい条件があるの!?「シャンパン」と「スパークリングワイン」の違いとは


お祝いごとや仕事納の時に「シャンパン」や「スパークリングワイン」を嗜むという人も多いのではないでしょうか。

 

どちらもとても美味しく、風味も豊かなのですが、「シャンパン」と「スパークリングワイン」はう違うのかと疑問に思ったことはありませんか。

 

どちらもワインではあるものの、どのような違いがあるのでしょうか。

 

そこで、「シャンパン」と「スパークリングワイン」の違いについて解明していきます。

 

「スパークリングワイン」はワインの総称だった!?

 

 

スパークリングワインを普段呑んでいる人ならば違いがわかるという人も多いかと思いますが、二酸化炭素を多く含む発泡性ワインであるスパークリングワインは実はワインの総称だということをご存知でしょうか。

 

実際にスパークリングワインの種類はとても多く、世界中で作られているのですが、どれも発泡性ワインの総称であるため、シャンパンは「スパークリングワイン」のうちのひとつのカテゴリーとなっているのです。

 

その為、シャンパンを注文したらスパークリングワインが出てくるなんて事も考えられるのです。

 

シャンパンと名乗るには条件がある!?

 

ワイン作りには欠かせないモノはとても多くあるのですが、とても高級なシャンパンでも実はシャンパンと名乗るには条件があるのです。

 

シャンパンと名乗るための条件

 

 

実は、シャンパンの産地は、フランスのシャンパーニュ地方でつくられていることが原則となっており、ぶどうの品種は、ピノ・ノワール、ムニエ、シャルドネだけが認められているのです。

 

これには驚いたという人も多いのですが、全ての条件を満たしたワインは品質検査に合格して、改めて「シャンパン」と名乗ることができるのです。

 

ちなみに、「Champagne」のラベルが取り付けられていますので、ラベルを見るだけでわかります。

 

インターネットで購入できる!?

 

「シャンパン」と「スパークリングワイン」はどちらもワインであり、未成年が購入をすることはできません。

 

しかし、実際には「シャンパン」も「スパークリングワイン」もインターネットで購入をすることができるようになっています。

 

インターネットで購入をする際は難しい検査は一切なく、成人だという証明をすることができれば簡単に「シャンパン」と「スパークリングワイン」を購入をすることができるのです。

 

まとめ

 

 

とても美味しく、幸せなひとときを過ごすお供になる「シャンパン」と「スパークリングワイン」ですが、違いについて驚いたのではないでしょうか。

 

どちらもしっかりとした検査がり、それぞれ厳しい条件があるおかげで、美味しい「シャンパン」と「スパークリングワイン」を嗜むことができるのです。

 

この機会にぜひ、改めて「シャンパン」と「スパークリングワイン」を嗜んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました