整腸剤「ミヤbm」と「ビオフェルミン」の違いとは?

 

 

便秘や下痢といった便通以上の際に頼りになるのが整腸剤なのですが、整腸剤の中でも「ミヤbm」と「ビオフェルミン」は特に有名ですよね。

 

腸内環境をしっかりと整えてくれるのですが、実際に服用をする際にどちらを服用をしたら良いのか、それぞれどういった違いがあるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、安心して服用をするためにも「ミヤbm」と「ビオフェルミン」の違いについて知っておきましょう。

 

整腸剤はどういった効果がるのか?

 

 

「ミヤbm」と「ビオフェルミン」はどちらも整腸剤なのですが、そもそも整腸剤にはどのような効果があるのかしっかりとご存知でしょうか。

 

整腸剤は腸内環境を整えてくれて、原理、便秘、腹部膨満などの消化器症状を改善する薬となっています。

 

また、抗菌薬投与時に使用される製剤などもあるのですが、乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌などをそれぞれ主成分とする製剤であり、腸内にこれらの菌を補うことで腸内細菌の環境を整えてくれるようになっています。

 

服用をする際に製剤によって乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌など含む菌が異なる場合があることを正しく理解をしておかなければならず、個人差が生じる場合があるものの、正しく服用をすれば副作用が悩まされることもないです。

 

「ミヤbm」と「ビオフェルミン」ではどちらの方が良い?

 

 

どちらも人気が高い「ミヤbm」と「ビオフェルミン」ですが、それぞれどういった違いがあるのでしょうか。

 

そこで、「ミヤbm」と「ビオフェルミン」を比較してみたところ、

 

「ミヤbm」は錠剤と細粒剤があり、用途などに合わせて選択が可能なもので、芽胞を形成する酪酸菌を含み、腸へ生きたまま到達しやすく、抗菌薬投与後に増加する悪玉菌に対してその増殖を抑える作用があります。

 

「ビオフェルミン」はビオフェルミン配合散は乳酸菌と糖化菌を含む製剤となっており、いくつかの抗菌薬に耐性をもつ耐性乳酸菌製剤です。

 

どちらもしっかりとした違いがあることがわかります。

 

正しく服用をして治していきましょう!

 


 

薬を服用をする際に適当に服用をしてしまったり、忘れてしまったからといって、多めに飲んでしまうという人も多くいるのですが、正しく服用をしないと治らないところか、場合によっては副作用を引き起こしてしまう恐れがあります。

 

その為、薬を甘く見ずに、しっかりと副作用の事も考えて服用をしていく必要があります。

 

また、用法・用量をしっかりと守り、服用をする時間帯も気にかけましょう。

 

まとめ

 

 

整腸剤は無くては困るものであり、少しでも異常に感じたら迷わず病院に行くことがおすすめされますが、薬を処方された際に、しっかりと「ミヤbm」と「ビオフェルミン」はどう違うのか、それぞれの特徴は何かを改めて考え、正しく服用をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました