理解をしておけば健康でいれる!?「動脈」と「静脈」の違い


人間の血管には、「動脈」と「静脈」があり、どちらも生きていく上でとても重要なものです。

 

普段あまり気にしないという人もいれば、病気の為にしっかりと意識をしているという人もいますが、「動脈」と「静脈」の違いは一体何でしょうか。

 

そこで、「動脈」と「静脈」の違いについて詳しく説明をします。

 

「動脈」と「静脈」の違いとは?

普段当たり前のように生きていますが、安心して生きていけるのは「動脈」と「静脈」があるからです。

 

ですが、「動脈」と「静脈」の違いについてあまり詳しく知らないという人も多いのですが、「動脈」と「静脈」の違いは一体どこにあるのでしょうか。

 

「動脈」は心臓から全身に酸素と栄養を運ぶ役割があり、酸素が多く含まれている血液です。

 

「静脈」は全身から出る老廃物や二酸化炭素を戻す役割があり、二酸化炭素が多く含まれている血液です。

 

どちらもとても重要な役割がありますが、動脈を流れるから動脈血、静脈を流れるから静脈血となるわけではないので注意が必要です。

 

「動脈」と「静脈」の構造はなぜ違うのか?

どちらも重要な「動脈」と「静脈」ですが、どちらも大事ならばなぜ構造は違うのでしょうか。

 

実は、「動脈」は、心臓から出た血液を末梢にまで運ぶ役割を果たしており、常に拍動性の血流と血圧にさらされているのですが、動脈の中膜は平滑筋と弾性線維によって厚みがあり、伸縮性と弾力性があるのです。

 

「静脈」は、毛細血管を通過した血液が常に一定の量と速度で、後から来る血液に押されて流れていますが、静脈は血管が伸縮する必要がないため、中膜の平滑筋が少なく、弾力性に乏しいため、それぞれ別の構造となっているのです。

 

健康のためにも「動脈」と「静脈」を気にかけましょう!

どちらも重要な役割があると説明をしましたが、普段から「動脈」と「静脈」について気にかけていないと病気になってしまう恐れがあったり、呼吸困難に陥ってしまう事もあります。

 

そんな病気にならないためにも普段から健康についてしっかりと向き合うことが大切です。

 

普段から健康について意識をしていない人はこの機会にしっかりと運動をし、食生活の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

生きていく上で「動脈」と「静脈」はとても大事なものであるということがわかりました。

 

普段、しっかりと生きていけるのは「動脈」と「静脈」のおかげでもあります。

 

そんな「動脈」と「静脈」を傷つけないためにも健康面に関してはしっかりと気にかけ、健康状態でいれるように、「動脈」と「静脈」について再度勉強をし、理解をしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました