どちらがおすすめ?「メルカリ」と「ヤフオク」の違い


自分の使っていた不用品を売る際に「メルカリ」と「ヤフオク」を利用しているという人も多く、今では「メルカリ」と「ヤフオク」で生計を立てている人も多くいます。

 

どちらも便利で使いやすいのですが、「メルカリ」と「ヤフオク」ではどちらの方が売れやすいのか、それぞれの違いはどこにあるのか気になりますよね。

 

そこで「メルカリ」と「ヤフオク」の違いについて説明をします。

 

「メルカリ」と「ヤフオク」の違いとは?

どちらも人気が高く、不用品を売る際は積極的に利用をしているという人も多い「メルカリ」と「ヤフオク」ですが、それぞれの違いは一体どこにあるのでしょうか。

 

そこで、「メルカリ」と「ヤフオク」の違いについて説明をしますが、

 

「メルカリ」は「フリーマーケット」のサービスとなっており、出品者側が売りたい金額を提示し、出品が始まります。

 

そして、購入者側が値段交渉などを重ね、結果として購入へ至ります。

 

「ヤフオク」は「オークション」のサービスとなっており、出品者側は、商品に最低落札価格を設定し、オークションが始まります。

 

「ワンプライス出品」でフリマアプリ同様の出品も可能となっています。

 

「メルカリ」と「ヤフオク」ではどちらがおすすめ?

実際に「メルカリ」と「ヤフオク」で生計を立てているという人も多くいますが、「メルカリ」と「ヤフオク」ではどちらの方がおすすめなのでしょうか。

 

そこで、「メルカリ」と「ヤフオク」のおすすめ度について調査をしてみたところ、自分で物を売ることに関して初心者であれば「メルカリ」、ある程度慣れてきたら「ヤフオク」がおすすめです。

 

いらない物を早く処分をしたいという場合はやはり「メルカリ」の方が早く売られる傾向にあります。

 

「ヤフオク」の場合はオークションなので、他の落札者の動向を伺わなければいけない為、売られるまで時間がかかってしまう傾向にあります。

 

しかし、長い目で見れば「ヤフオク」はオークションサイトの為、自分が思った以上の値段で売られることもあるので、金額的に「メルカリ」よりも売られた額の方が多いということもあります。

 

「メルカリ」と「ヤフオク」は簡単に登録ができます!

どちらも不用品を売ることが出来るようになっていて、自分で値段を設定することが出来るのですが、「メルカリ」と「ヤフオク」は簡単に登録をすることができるのかと疑問に思っている人も多いのですが、実際に「メルカリ」と「ヤフオク」はとても簡単に登録をすることが出来るようになっており、出品に関しても難しいことはありません。

 

老若男女問わず気軽に出品をすることができるので、気になった人はぜひ「メルカリ」と「ヤフオク」のホームページから登録をしてみましょう。

 

まとめ

とても便利で不用品なのにお金になるという魅力点がいっぱい詰まった「メルカリ」と「ヤフオク」ですが、まだ初めてで、慣れないという人は積極的に「メルカリ」を利用していきましょう。

 

そして、徐々に慣れ始めたら「ヤフオク」に挑戦をしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました