似ているけれど違う!?「かぼす」と「すだち」の違い

秋が近づくと食べたくなる食材といえば柑橘類ですよね。

 

特にさんまの時期には「かぼす」と「すだち」は欠かせないと定番の果実です。

 

ですが、「かぼす」と「すだち」を購入しようと思った時に、それぞれどう違うのか、どんな味なのか疑問に思った経験がありますよね。

 

そこで、「かぼす」と「すだち」の違いについて詳しく説明をします。

 

「かぼす」と「すだち」の違いとは?

どちらも味、香り共に素晴らしい「かぼす」と「すだち」ですが、それぞれ違う点はどこなのでしょうか。

 

「かぼす」と「すだち」は大きさ、特産地、味、香りが大きく異なります。

 

「かぼす」はテニスボール程度の大きさとなっており、重さも100〜150gです。

 

特産地は大分での生産が9割以上も占めています。

 

かぼすは香りは控えめで、爽やかな酸味となっており、さっぱりとする酸味を活かす料理や大きな実に含まれる果汁をジュースにするのがおすすめです。

 

「すだち」はルフボール程度の小さな果実となっており、重さは40〜50gです。

 

すだちは徳島での生産が9割以上も占められていて、すだちは独特の香りがあり、ライムのような香り高い酸味になっています。

 

香りを楽しむために皮の部分をお吸い物や松茸と合わせるとよく合います。

 

「かぼす」と「すだち」に合う料理は?

それぞれ大きさも違えば味や風味も異なりますが、「かぼす」と「すだち」に合う料理は一体何でしょうか。

 

「かぼす」はかぼすとりんごのヨーグルトスムージー、うどん、ケーキ、鶏、ポン酢に合います。

 

「すだち」はバターしょうゆチキン、うどん、ジュース、素麺、鶏に合います。

 

どちらとも特徴をしっかりと活かすことによってより美味しい料理へと仕上げることができます。

 

両方使っても美味しいです!

どちらとも魅力ある果実ですが、それぞれ別々の料理に使わなければいけない、使い分けなければいけないと思っている人も多いのですが、実際に「かぼす」と「すだち」両方とも一緒に入れてしまうという家庭も多く、一緒に入れる事でより美味しく食べることもできるようになっています。

 

また、「かぼす」と「すだち」をそれぞれ別々に用意をすることによってお口に直しにもすることができたりと、とても便利な果実となっています。

 

まとめ

秋にぴったりな「かぼす」と「すだち」ですが、それぞれの特徴を活かしてより料理を美味しく仕上げてみてはいかがでしょうか。

 

また、それぞれ特産地が異なるため、それぞれの特産地のものを使っても面白いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました